オーウェル/イシグロ/ジョイス

鴻巣友季子*1「失敗と未遂の物語への論考集」『毎日新聞』2020年6月13日


高橋和久、丹治愛編『二〇世紀「英国」小説の展開』の書評。
「本書目次には、ジェイムズ(垂井泰子)、コンラッド(丹治愛)、ウルフ(片山亜紀)からイシグロ(武田将明)まで十八の作品論が並ぶ」という。しかし、この書評では全てが言及されているわけではない。鴻巣さんが取り上げているのは、ジョージ・オーウェルカズオ・イシグロジェイムズ・ジョイス


河野真太郎のオーウェル『一九八四年』*2論は、氏の先行書『〈否かと都会〉の系譜学』に重なる論考だ。「愛国心」と「全体主義的なナショナリズム」を区別していたオーウェルの同作において、役人ウィンストンは「歩く」という文化を「奪用しかえす」ことで後者に対抗したという。

武田氏のイシグロ『充たされざる者』論は、悲劇の意図的不成立の書法を「疑似古典主義」として分析する。疑似古典主義とは氏の造語で、「アリストテレス的なプロット作成上の規則」を転覆するという。『日の名残り*3など幾つものイシグロ作品において、この則は挫かれる。罪の認識や告白があっても、ヒロイックな転落などの古典悲劇は未遂に終わるのだ。
充たされざる者』 は、町を訪れた音楽家が演奏未遂に終わる「だけ」の筋書ながら、難解とされる。しかし武田氏は、悲喜劇的な原題の状況そのものを、リアリズムの手法をずらしながら表出させたメタ・イシグロ文学であり、最も読みやすい作品として捉え直す。これは「市民の精神(soul)を浄化するギリシャ悲劇のような芸術を現代に復活させることを目指して失敗する物語」なのだ。人物や出来事が「固有性」を失って個が交換可能になった、現代社会の虚ろさが洞察される。イシグロが「『本物の不在を描き続けた』という指摘など、目から鱗が落ちまくった。

「第四挿話と腎臓を食らう男」と題する桃尾美佳のジョイスユリシーズ*4論は逆に、難解で鳴る同作で最も解りやすいとされる第四挿話を、「本当にそれほどに読みやすいのだろうか?」と問い直す。挿話は、中年男ブルームの好む臓物料理の記述で幕開け。この導入部にブルームのユダヤ性を読みとる既存の研究があるが、桃尾氏はとくに羊の腎臓の「ほのかなにおいのする尿」という表現に鋭く切りこむ。尿はなにを意味するのか?
生と死、肥沃と不毛など、両極の間で揺らぐブルームの両義的性質を説き明かしつつ、セックス未遂夫婦の性愛のありかたを看破し、「肥沃性の否定という罪」を生命の円環へとダイナミックに転換して、ジョイスの自作へと繋げる。鳥肌が立った。

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20071114/1195046362 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150107/1420597656 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150323/1427091367 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150331/1427776615 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150420/1429505411 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/11/234153 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/24/015503 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/04/20/103224 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/13/153005 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/01/104401 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/02/143146 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/17/131247 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/02/085816

*2:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061207/1165500508 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130304/1362367180 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130804/1375550443 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130910/1378829609 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170126/1485454283 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170129/1485706177 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171025/1508937620 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180722/1532230896 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/17/225007 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/05/011614 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/24/091111

*3:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170814/1502688096 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171006/1507216381 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171016/1508130214 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180609/1528568167 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/02/143146

*4:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100614/1276490152 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110106/1294242349 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110614/1308070364 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20121015/1350274808 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130724/1374634107 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160803/1470203025 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/28/094222 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/02/03/130245