塾とか習い事とか

承前*1

息子の小学校からのメイル。その要旨は


○令和2年3月2日から当面の間、自宅待機とする。
○不要不急の外出は控え、各自で学習を進める。
○【重要】自宅待機期間中に高熱や肺炎等の体調不良が生じた場合は、学校へ至急連絡する。
○卒業式については、実施するかどうかも含め後日、連絡する。
塾や習い事については特に言及がない。でも、城井崇*2新型コロナウイルス対策学校休校に関する文部科学省からの回答」によると、文科省的には塾も習い事も「自粛」せよということみたいだ*3。なお、「自宅待機」というのはあくまでも子どもであって、先生は通常通りに出勤のようだ。

1を割って

NHKの報道;


韓国 出生率0.92 過去最低を記録 少子化問題が深刻化
2020年2月27日 5時48分


韓国では、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数を示す出生率が去年、0.92と過去最低を記録し、少子化問題の深刻化が浮き彫りとなっています。

韓国の統計庁の発表によりますと、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数を示す出生率は去年、0.92と、おととしに続いて2年連続で1を下回り、統計を取り始めた1970年以降、最も低くなりました。

また去年1年間に産まれた子どもの数も、30万3000人余りと1970年以降、最も少なくなっています。

OECD経済協力開発機構の最新の統計では、加盟各国の出生率の平均は1.65で、韓国の出生率は世界でも最も低い水準となっています。

韓国の統計庁は、結婚する若者が減る傾向にあることや、第1子出産時の母親の年齢が年々高くなっていて晩婚化が進んでいることなどを原因としてあげています。

韓国政府は、児童手当の拡充や、保育料の支援などの対策を進め、出産を後押ししていますが、出生率の低下には歯止めがかかっておらず、少子化問題の深刻化が浮き彫りとなっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012303411000.html

ところで、亜細亜社会の「少子化」を巡るエマニュエル・トッド氏へのインタヴュー記事で、トッド氏は「世界の家族類型に関する分析では、日本も韓国も台湾も「直系家族」と呼ばれるタイプに属する」と述べている*1。ヨーロッパでは独逸でもこのタイプの家族が支配的である。独逸はまたヨーロッパで最も「少子化」に悩まされている国の一つである。因みに、台湾の場合、中国大陸と同じく、「権威主義的」でありながら兄弟間の平等性が高い「共同体家族」(「家父長制」)ではなかろうか(Cf. 益尾知佐子『中国の行動原理』*2、p.61ff.)。

2019年5月2日。

習志野市本大久保1丁目*1

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120419/1334803429 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130408/1365437101 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130607/1370563792 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130614/1371221716 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140217/1392601359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140723/1406083089 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140728/1406522463 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140820/1408501641 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150718/1437179854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150724/1437745163 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150730/1438223216 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160731/1469923327 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160814/1471186840 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160817/1471400786 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160901/1472698103 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473144723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160922/1474519341 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161015/1476517356 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170319/1489888028 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170321/1490117707 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490328369 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491491310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170511/1494477182 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/08/17/100010 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/09/19/131109 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/113130 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/08/111945 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/11/090118 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/21/133452 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/06/091129 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/06/092155 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/07/084744 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/08/022225 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/09/124149 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/14/092112 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/15/094009 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/16/084538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/18/130200 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/19/150209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/24/022136 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/26/112237 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/27/102312 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/30/215612 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/30/220707 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/083510 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/085413 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/135611 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/06/020720 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/06/024603 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/09/100459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/12/140921 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/104928 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/220134 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/223117 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/18/015950 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/19/100945 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/20/020721 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/20/194810 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/22/095246 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/23/140647 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/24/122633 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/24/142305 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/130811 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/28/014116

半世紀前の記憶

承前*1

西日本新聞』の記事;


“マスク材料”の噂で…トイレットペーパー品切れ相次ぐ 「全くのデマ」
2020/2/27 19:13 (2020/2/27 21:01 更新)
西日本新聞 黒田 加那 坂本 信博 福間 慎一 綾部 庸介


 熊本県内のドラッグストアやスーパーマーケットで、トイレットペーパーが品切れする事態が相次いでいる。会員制交流サイト(SNS)では、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの影響を指摘した上で「マスクの材料に紙が回されるので不足する」「中国から原材料を輸入できなくなる」といった臆測の声が続出。不安に思った人が購入に走っているとみられるが、西日本新聞「あなたの特命取材班」の取材に業界団体は「全くのデマ」と否定している。

 熊本市中央区のドラッグストアによると、27日の開店時には十分な在庫があったが、午前中から問い合わせが相次ぎ、昼すぎには完売。関係者は「周辺の店はどこも完売。うちには在庫を問い合わせる電話や来店者が絶えない」と話す。

 「(トイレットペーパーは)マスクと同じ原料。買っといて損はない」「備蓄としてあったら安心」-。SNS上にはこうした書き込みが急増し、九州エリアではツイッターで話題になる「トレンドワード」になった。

 静岡県内の製紙会社によると、マスクは一般的に繊維を重ね合わせた「不織布」から製造。同社の関係者は「トイレットペーパーは再生紙(パルプ)から作られており、マスクとは関係ない」と指摘する。製紙メーカーの日本製紙クレシア(東京)の広報担当によると「マスクの生産はしていない。トイレットペーパーは日本国内でのみ生産しており、通常通り生産・出荷している」と否定した。

 熊本市のドラッグストアによると、「中国でトイレットペーパーの工場が閉鎖され、入ってこなくなる」と話す客もいたという。

 こうしたうわさに対し、トイレットペーパーやティッシュペーパーのメーカーでつくる日本家庭紙工業会(東京)事務局は「中国の影響で品薄というのは全くのデマ」と断言する。

 同団体によると、国内で流通するトイレットペーパーの98%は国内で生産されており、原材料も国産。担当者は「各メーカーや卸元に在庫はふんだんにあるが、デマで配送が追いつかず一部の地域で一時的に棚から商品が消えている状態。待てば必ず商品は入荷するので、落ち着いて対応してほしい」と語った。

 熊本県内では、26日までに男女5人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されている。そのうち、感染1例目だった20代の女性看護師について、熊本市は容体が重篤化したと25日に発表。熊本でこうした噂が広まる原因は不明だが、SNSを含む情報収集には注意が求められている。

 熊本市の40代男性は「熊本地震(2016年)の時に、生活物資が一気に買われて店頭から消え、つらい思いをした記憶が市民の間にあるのでは」と推測。同市の80代女性は、友人から「なくなっとるらしい。買った方がよかばい!」と電話で言われ、中央区のドラッグストアに自転車で来た。「店に来たらすっからかん。オイルショックを思い出して心配だけど、補充はされると聞いて安心した。落ち着いて行動しなきゃですね」と話した。(黒田加那、綾部庸介、坂本信博、福間慎一)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/587598/

このデマの感染は既に熊本を越えて広がっていると思われるので、「不織布」と「再生紙」の違いということはしつこいくらい拡散させる必要があると思う。ひとつの〈抗ウィルス剤〉として。
熊本地震*2の記憶が尾を引いているというのは当然のことだろうけど、およそ半世紀前の「オイルショック*3の記憶もいまだに活性を保っているのだった。

*1:https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/25/014556 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/29/092611 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/31/010653 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/025752 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/032038 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/034254 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/05/085538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/09/153713 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/095518 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/125315 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/18/101410 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/25/111841 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/26/124851 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/26/131459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/101542 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/103150 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/144241 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/200401 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/28/111508

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160415/1460648517 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160415/1460745952 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160416/1460805609 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160418/1460945815 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160419/1461021089 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160420/1461116980 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160422/1461259138 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160423/1461398906 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160424/1461461765 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160427/1461684014 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160427/1461686500 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160428/1461821838 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160506/1462489509 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160526/1464230079 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160527/1464319742 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160705/1467650923 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160721/1469054827 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161015/1476490570 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161111/1478895794 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161114/1479059534 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170420/1492658825 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180209/1518136585 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180621/1529550995 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180907/1536287108 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180918/1537248425 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/16/102741 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/26/102845 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/05/03/080026 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/09/083638

*3:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090728/1248782618 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101220/1292781372 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110401/1301647461 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110407/1302191011 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120307/1331147389 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130703/1372866145 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20140106/1388966577 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/09/04/015826

「善意」や「権威」

承前*1

籏智広太*2「「新型コロナはお湯で予防」デマに注意。あやしい情報の”共通点”とは」https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/unknown-cause-china-15


新型コロナウィルスはお湯を飲めば大丈夫というデマ(流言)を巡って。


実際にこのメッセージを受け取った都内の50代女性は、BuzzFeed Newsの取材にこう語る。

「看護師とか武漢に派遣された専門家が出てきたり、同時期に2人の友人から送られてきたりすると、そんな訳ないとわかっていながら、まことしやかで信じてしまいそうでした」

今回のデマの特徴は、まさに「病院に勤めている看護師」「武漢研究所に派遣されている人物の友人」などという「情報源」が記されていたころや、チェーンメールとして親しい友人や家族を介して伝わってくることにある。

噂にはこうした「権威づけ」や「又聞き」が伴うことが多い。噂の専門家である中央大教授の松田美佐さんは、BuzzFeed Newsの以前の取材(2019年3月)にこう語っている*3

「役人や社長から聞いた、マスコミの知り合いが言っていた……など。もしくは親しいネットワークを強調することもありますね。友達が言っていた、などもその典型です」

逆にいえば、そうしたデマを見抜くひとつの要素でもあると言える。さらに拡散の多くは「善意」によって引き起こされていることにも注意が必要だ。松田さんは当時の取材で、こうも語っていた。

「善意が必ずしも良い結果をもたらさない。事態をより混乱させたり、社会を不安にさせたり、誰かを傷つけるおそれだってある。そういう『善意の恐ろしさ』を、忘れないようにしてほしい」

新型コロナウイルスをめぐっては、大量のデマや真偽不明の情報が拡散しており、WHOも「パンデミック感染症の爆発的な流行)」ならぬ「インフォデミック」だとして警鐘を鳴らしている。

また、


浦上早苗「新型コロナウイルス、善意と送り主の信用でデマ拡散~「地域の顔役」「著名人」「医療関係者」が発信源に」https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/1237502.html


BuzzFeed』の記事でも薄々気が付いたのだけど、「お湯」デマのそもそもの起源は中国。
また曰く、


では、根拠のない文章をどうやって見破るか。まずは、「送ってくれた人」ではなく、「その文章の最初の発信者」を特定することだ。今回、十数人がシェアした文章を確認したころ、「もともとは誰の情報か」という点で、以下のようなバラエティがあった。


医療機関に勤めている人
新型コロナウイルスについて研究している人からの情報
みずほ銀行の人
武漢研究所に派遣されるクァク・グヨンの米国友人の文
一心病院の看護婦からのアドバイス
修士号を取得して卒業し、深センの病院で働いていたが、新型コロナウイルスを研究するために武漢へ転勤になった同級生の甥
中国の深センの病院から武漢に行かされている博士号を持った学友の知人
知り合いの知り合いの甥で、博士号を取得後、中国・深センの病院に勤務し、現在、武漢の病院に派遣されている人
仲良しの友人のまた友人・アメリカのある看護師
光州科学技術院の博士課程で学んでおり、彼のクラスメートの親戚(叔父と甥)


 どれも「武漢」「医療関係者」「看護師」、果ては「みずほ銀行」などもっともらしい肩書と、「友人の友人」「同級生の甥」など、「ほとんど他人やろ!」と突っ込みを入れたくなるような発信者をぼかす情報が混在している。

 中国当局も治療に有用な確実な情報は、積極的に公表しているので(デマを防止する目的もある)、この手の不確かな情報が回ってきたら、まず「情報源」の透明性を確認してほしい。くれぐれも「政府高官」「著名人」の威光にまどわされないように。

また、

ちなみに、日本の新型コロナウイルスをめぐる動きは中国と非常に似ており、数週間~1カ月遅れになっている。

 例えば感染拡大期、武漢では検査キットが足りず、重症者と死者が爆発的に増えた。政府の情報隠しで、市民の不信感が募った(1月下旬)。その後、ようやく専門家が国民に詳しく説明するようになった(1月下旬)。

 次に来たのがデマの嵐だ。ネット上で無数のデマが湧いて出て、専門家や当局の担当者が記者会見で否定するという流れが繰り返された。日本はまさに今、この段階にある。

*1:https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/26/131459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/27/101542

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487910099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488077743 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488291005 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488508478 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170305/1488726602 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488817967 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170308/1488946981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489024533 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170310/1489109908 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491451136 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170518/1495124746 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170602/1496371973 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170808/1502206282 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170828/1503891141 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170901/1504234324 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170915/1505482432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171016/1508130214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171029/1509242444 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171030/1509328817 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180216/1518745088 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180218/1518914252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180312/1520820898 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180313/1520911677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180314/1521040212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180320/1521545409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180322/1521735826 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180324/1521817988 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180327/1522079446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180404/1522810591 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180408/1523167515 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180420/1524210748 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180425/1524625976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180503/1525323385 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180507/1525660176 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526363020 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180522/1526962984 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527258646 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180526/1527347080 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180602/1527949714 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180612/1528778849 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180620/1529461445 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529548733 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180623/1529776858 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180624/1529802385 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180628/1530197448 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180704/1530712511 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180714/1531530628 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180718/1531923814 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180817/1534514850 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180907/1536287108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180911/1536681700 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20181016/1539651296 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/01/18/014735 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/02/19/225127 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/02/26/102920 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/02/28/135920 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/02/174606 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/21/014403 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/03/25/225758 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/04/17/012127 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/04/27/010219 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/05/07/030224 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/06/12/134215 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/03/220350 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/09/19/022310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/24/105404 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/07/094608 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/08/090422

*3:籏智広太「「女児が性的暴行を受け子宮全摘」はなぜ拡散したのか 噂の専門家が語る"善意"の恐ろしさ」https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/inthepark2

古井由吉

毎日新聞』の記事;


内向の世代」の作家 古井由吉さん死去 82歳 「杳子」で芥川賞、「栖」「白髪の唄」
2/27(木) 11:29配信毎日新聞


 「内向の世代」を代表する作家で、独自の文体・作風で日本の現代文学に大きな影響を与えた古井由吉(ふるい・よしきち)さん*1が18日、肝細胞がんのため死去した。82歳。葬儀は近親者で営んだ。

 東京都生まれ。東大独文科卒。同大大学院修士課程を修了後、金沢大、立教大で教える傍ら、ブロッホムージルら現代ドイツ語作家の作品を翻訳。1968年から小説を発表し始め、70年に作家専業へ転じた。翌71年、「杳子(ようこ)」で芥川賞を受賞。細密な心理の動きを肉感的な文体で描き、注目を浴びた。

 後藤明生阿部昭黒井千次さんらとともに「内向の世代」と呼ばれ、経済成長期の社会状況と生活感覚を象徴する作家と見られた。古今東西にわたる文学的教養を踏まえ、土地の伝承、説話など民俗学的な要素を取り入れた作風は、文壇の枠を超えた存在感を持った。86~2005年、芥川賞選考委員を務めた。

 長編「栖(すみか)」(79年)で日本文学大賞、「槿(あさがお)」(83年)で谷崎潤一郎賞、「仮往生伝試文」(89年)で読売文学賞、「白髪(はくはつ)の唄」(96年)で毎日芸術賞を受賞。その後も作品は高く評価され続けたが、各種の賞を自ら辞退。国からの褒章等も受けなかった。

 他の代表作に「円陣を組む女たち」「行隠れ」「山躁賦(さんそうふ)」「中山坂」「野川」など。競馬ファンとしても知られ、エッセー集「折々の馬たち」などがある。生前に「古井由吉作品」(全7巻)、「古井由吉自撰(じせん)作品」(全8巻)の2度、著作集が編まれた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000039-mai-soci

杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)

杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)

いちばん最近(といっても4年前だけど)読んだのは短篇集『辻』。因みに、「内向の世代」というのはそもそも蔑称だった。
辻 (新潮文庫)

辻 (新潮文庫)