2019年8月8日。

習志野市本大久保1丁目*1


大久保1丁目*2

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120419/1334803429 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130408/1365437101 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130607/1370563792 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130614/1371221716 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140217/1392601359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140723/1406083089 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140728/1406522463 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140820/1408501641 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150718/1437179854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150724/1437745163 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150730/1438223216 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160731/1469923327 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160814/1471186840 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160817/1471400786 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160901/1472698103 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473144723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160922/1474519341 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161015/1476517356 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170319/1489888028 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170321/1490117707 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490328369 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491491310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170511/1494477182 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/08/17/100010 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/09/19/131109 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/113130 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/08/111945 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/11/090118 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/21/133452 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/06/091129 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/06/092155 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/07/084744 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/08/022225 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/09/124149 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/14/092112 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/15/094009 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/16/084538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/18/130200 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/19/150209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/24/022136 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/26/112237 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/27/102312 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/30/215612 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/30/220707 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/083510 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/085413 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/135611 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/06/020720 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/06/024603 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/09/100459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/12/140921 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/104928 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/220134 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/223117

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150730/1438223216 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160814/1471186840 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160901/1472698103 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160902/1472784466 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473144723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161017/1476675346 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170313/1489341911 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170319/1489888028 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170511/1494477183 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/02/091844https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/19/144619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/08/17/100010 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/05/083120 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/113130 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/10/123122 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/01/025135 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/08/085050 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/20/152606 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/01/123253 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/07/023733 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/09/130058 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/14/094848 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/16/084538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/18/094726 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/19/150209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/20/005043 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/21/095718 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/24/020605 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/26/112237 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/31/121004 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/120310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/085413 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/234710 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/09/100459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/11/083256 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/12/140921 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/223117

Elton suffering from walking pneumonia

Jennifer Hauser and Amy Woodyatt “Elton John announces he has pneumonia on tour” https://edition.cnn.com/2020/02/16/entertainment/elton-john-pneumonia-intl-scli/index.html
“Emotional Elton John halts New Zealand gig after pneumonia diagnosis” https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-51522715


現在「最後の世界ツアー」中のエルトン・ジョン*1は「マイコプラズマ肺炎(walking pneumonia)」と診断された。にも拘わらず、新西蘭オークランドのステージに立ったが*2途中で声が出なくなり、ライヴの中断を余儀なくされた。彼は2017年にも中南米ツアー中に深刻な細菌感染症に罹り北米ツアーをキャンセルせざるを得なくなるということがあった*3
実は最近知り合いが「マイコプラズマ肺炎」に罹って回復したのだけど、何だかオリンピックの年に流行する傾向があって、「オリンピック熱」とも呼ばれているらしい。
最近、ミスドとかで、エルトン・ジョンとキキ・ディーがデュエットした”Don't Go Breaking My Heart”をよく聴くのだった。


www.instagram.com

一番人気は

Laurel Wamsley “The New York Public Library Has Calculated Its Most Checked-Out Books Of All Time” https://www.npr.org/2020/01/13/795873639/the-new-york-public-library-has-calculated-its-most-checked-out-books-of-all-tim


紐育公共図書館*1は今年創立125周年を迎える*2。それに因んで、最も貸し出された本が算出された*3。第1位はエズラ・ジャック・キーツの『雪の日(The Snowy Day)』;


The most-wanted book? The Snowy Day by Ezra Jack Keats.

The Caldecott Medal-winning tale of a young boy's encounter with snow has been checked out 485,583 times from the NYPL since it was published in 1962.

It shares qualities with many of the other most-borrowed titles: The beautifully illustrated book has been around a long time, it's well-known and well-loved, and it's available in numerous languages.

"It is such a relatable story, and pure magic for kids and adults alike," Andrew Medlar, director of the library's BookOps selection team, said in a statement. "It's on people's radar screens, they remember when they first heard it, and they want to share that experience with their kids. And the artwork is just gorgeous."

遺憾ながら、エズラ・ジャック・キーツという作家/イラストレータ*4も『雪の日』という本も知らなかった(汗)。また、トップ10の多くは「児童書」。例えば、モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ*5が4位、エリック・カールの『はらぺこあおむし*6が第10位。それから、第9位には『ハリー・ポッターと賢者の石』が入っている。所謂大人の本だと、オーウェルの『一九八四年』*7が第3位、レイ・ブラッドベリの『華氏451度』*8が第7位。また、デール・カーネギーHow to Win Friends and Influence Peopleという自己啓発本が第8位に入っている。
Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)

  • 作者:Maurice Sendak
  • 出版社/メーカー: HarperCollins
  • 発売日: 1988/09/01
  • メディア: ペーパーバック
はらぺこあおむし (ミニエディション)

はらぺこあおむし (ミニエディション)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

華氏451度 (ハヤカワ文庫 NV 106)

華氏451度 (ハヤカワ文庫 NV 106)


Children's books make up a large part of the list. That's not too surprising — short books can be read faster and are returned more quickly. Even the more adult books on the list, such 1984 and To Kill A Mockingbird, are rather slim.
なお、2019年に最も貸し出された本はミシェル・オバマの自伝Becoming
ところで、この記事には1950年代のブロンクスにおける移動図書館の写真が添えられている。移動図書館を英語でtraveling libraryと表現するのね!
See also


Concepción de León「NY公共図書館で「史上最も借りられた」意外な本」(中丸碧訳)https://toyokeizai.net/articles/-/326969

*1:https://www.nypl.org/ See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100129/1264744945 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20131118/1384777554 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170331/1490979991

*2:https://125.nypl.org/125

*3:“Classic Children’s Story The Snowy Day tops The New York Public Library’s All-Time Checkouts List” https://www.nypl.org/press/press-release/january-13-2020/classic-childrens-story-snowy-day-tops-new-york-public-librarys

*4:http://www.ezra-jack-keats.org/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Ezra_Jack_Keats

*5:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20111008/1318015886 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120508/1336494623 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150422/1429666988 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/27/142258

*6:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20140806/1407298724 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20141130/1417274885 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170104/1483533653 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170425/1493131839 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20181111/1541866712

*7:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061207/1165500508 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090908/1252375872 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130304/1362367180 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130804/1375550443 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130910/1378829609 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170126/1485454283 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170129/1485706177 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171025/1508937620

*8:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120607/1339031654 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120608/1339120884 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130910/1378829609

当選しちゃった!


東京新聞』の記事;

那珂市議選告示 排外的な政策に懸念の声

2020年2月11日


 那珂市議選(定数一八)が九日に告示された。立候補者の中で波紋を呼んでいるのが、排外主義政策を掲げる政治団体日本第一党*1の県本部長を務める新人だ。党首の桜井誠氏は、在日コリアンらを排斥するヘイトスピーチ(差別扇動表現)を繰り返した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長。市民の間では「公の場で外国人を差別するような発言をするのではないか」と不安の声が上がる。 (松村真一郎、佐藤圭)



 この新人候補は、日本第一党が推薦する無所属の原田陽子氏(45)。事務所前で開いた出陣式には、桜井氏は姿を見せなかったものの、党最高顧問の瀬戸弘幸氏ら約三十人が参加した。

 原田氏は第一声で「多文化共生を目指している政治家が昨今、受け入れられているようだが、私は那珂市民の利益と安全を一番に考えた政治家になりたい」と訴えた。マイクを握った後援会関係者は「(原田氏が)われわれが日頃から主張していることを他の市議に伝え、県議や国会議員に波及すれば、左に寄った世の中から、ちゃんとした政治を取り戻すことができる」と気勢を上げた。

 原田氏は二〇一八年七月に党県本部長に就任。同年十二月の那珂市議補選(被選挙数四)に立候補したが、百四十六票差の次点で落選した。

 第一声では排外主義政策に直接言及しなかったが、パンフレットでは、外国人労働者の受け入れを増やす改正出入国管理法が昨年四月に施行されたことなどを念頭に「言葉や文化の違う外国人とのトラブルや外国人による犯罪が増えてくることも考えなければいけない」と明記している。

 原田氏は本紙の取材に「排外主義と言われるが、あちら(韓国や中国)側が反日を唱えていることに対し、自分たちも主張したいという思いが大きい」と説明。その一方、党を前面に押し出さない形で選挙戦を展開する方針だ。「党の主張を訴えるのは無理がある。議員もいないし、知名度もない。難しいとは思うが、怖い団体ではないことを選挙戦を通して見てほしい」

 桜井氏が〇六年十二月に創設した在特会は、一三年ごろに東京・新大久保で社会問題化した嫌韓デモの多くを主導した。桜井氏は一六年の都知事選に出馬し、街頭演説で在日コリアンを中傷した。

 同年八月には日本第一党を結成。移民受け入れ反対や外国人への生活保護廃止などの排外主義政策を打ち出した。昨年四月の統一地方選で各地に十二人を擁立したが、全員落選。原田氏が当選すれば、党初の地方議員が誕生する。

 市民は日本第一党の候補をどう見ているのか。六十代の女性は「日本第一党の関係者が選挙に出ることを知らない人もいる」と指摘した上で、「公の場で差別的な主張をしたとしたら、那珂市はどうなってしまうのか」と不安視する。

 茨城朝鮮初中高級学校(水戸市)への補助金交付を県に求める「朝鮮学校の子供たちの人権を守る会・茨城」の坂本繁雄事務局長(71)も「ヘイトスピーチが法律で規制され、差別的な感情が徐々に薄れてきているのに、日本第一党の候補が選挙に出ることで、差別感情が再び高まることにならないか」と心配する。


◆外国人排斥を助長
ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリスト安田浩一さん*2の話> 日本第一党は、在特会と組織的には別だが、外国人排斥の主張に変わりはなく、党の幹部には在特会出身が多い。在特会の事実上の後継組織といえる。日本第一党議席を得れば、排外主義にお墨付きを与えかねない。茨城の農業は外国人労働者に支えられており、外国人差別に拍車がかかるのではないかと危惧している。
(後略)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202002/CK2020021102000155.html

安田浩一氏のロジックを敷衍すれば、今回の結果によって、「排外主義」は「お墨付き」をもらったことになる。

東京ミッドタウン

2019年12月23日。




東京ミッドタウン*1



「鶏三和」*2

東京ミッドタウン