What AO is

九年前の祈り (講談社文庫)

九年前の祈り (講談社文庫)

小野正嗣*1「ウミガメの夜」(in 『九年前の祈り』、pp.123-159)から抜書き。


(前略)祖母はやや呆れたようにほほえんでいた。
大分県佐伯市ってところよ」
「え?」一平太は顔を上げた。「佐伯市? 大分県? じゃあ四国か―。そんな遠かったか―」
まるで後頭部を殴られたみたいに唖然として、私立の女子校の国語教師だった祖母は深々とため息をついた。
「九州よ、四国じゃなくて、九州。よくそれで大学受かったわね」
「だってばあちゃん、おれ、AO入試だもん」
「AOって?」と今度は祖母が尋ねた。どうせ答えられないだろうとからかったり困らせたりするためになされる偽りの疑問とはちがう純粋な疑問であることは祖母の表情からわかった。これとまったく同じ顔をして同じ質問を、当時はまだ癌だと原因がわかっていなかった体調不良で仕事を休んでいた母は、高校三年生だった一平太に尋ねたのだ。あれから二年も経ち、受験前に「AO」が何の略なのか調べたはずなのに同じ質問に答えられなかった。
「え?」と一平太は廊下のほうを振り返った。聞こえたのだ。祖母の(だから二年以上前の母の)疑問に答えたのは、テレビの画面に映っていた夕方の情報番組の司会者の声でも派手な衣裳の女性コメンテーターの声でもなかった。では誰だったのだろう?
「『アホでもOK』じゃない?」
たしかに、と納得して、ははは、と一平太は軽い笑い声すら漏らしてしまったものの、よく考えればなんと失礼な、しかし食堂の出入り口からは、廊下を早足に通り過ぎる看護師と、どこか頼りなげな足取りのパジャマ姿の老人男性しか見えなかった。前者はアホの相手をしている暇などなさそうだったし、眼の種々をして片目を昆虫の複眼を思わせるきらきら輝く銀色のカバーで覆われた後者のもう片方の目には、アホなど入る余地はなさそうだった。(pp.134-135)

「「AO」が何の略なのか」くらいはわかる。admission officeの略。だからといって、「AO」の意味がわかるとは限らない。admission officeというのは入試事務局という意味しかない。そこから、或る特殊な入試の仕方というところまでは想像力が回らない。

「次男」、北へ

中日新聞』(共同通信)の記事;


2019年9月14日 19時08分

金丸信氏の次男ら60人が訪朝 党や外務省の高官と面会も


 【北京共同】日朝関係改善に取り組んだ故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏(74)を代表とする訪朝団約60人が14日、北京から北朝鮮平壌へ出発した。19日まで滞在。金丸信氏生誕105年となる17日には祝賀会を予定しており、朝鮮労働党や外務省の高官と面会する可能性もある。

 信吾氏は、北京国際空港で記者団に対し「日朝の懸案事項は多くあるが、解決には国交正常化が一番の近道だ」と強調。前提条件なしで日朝首脳会談開催を目指すとの安倍晋三首相の提案に対する北朝鮮側の評価も聞きたいと語った。政府や自民党からのメッセージは預かっていないとした。
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019091401002072.html

この金丸信吾氏というのは金丸信*1の息子とはいっても、公職に就いているわけでもなく、私人ということになるのだろう。つまり、アントニオ猪木とは全く立場が違う。それなのに、何故新聞のネタになるのか。また、「訪朝」の目的は? 金丸信の「生誕105年」ということだけど、105というのは切りのいい数字ではない。また、60人というのはかなり大きな団体だろうけど、それはどういう人たちからなっているのか? 
記事の第二パラグラフは、かなり政治的に踏み込んだ内容になっている。日本政府筋の思惑が絡んでいそうだという推測をすることも可能な感じだ。例えば、「政府や自民党からのメッセージは預かっていない」と言っているけれど、仮令預かっていたとしても、預かってますよとあからさまに言えるわけないじゃん!
とにかく、読んだら却って謎が深まるという記事。

龍華機場の今

たまパパ「魔都上海と世界を結んでいた龍華機場跡を散策してみました」https://www.waypoints.blue/entry/shanghai_longhua


上海万博以降絶賛再開発中の「龍華機場」*1跡地を巡って。例えば、「雲錦路」というのは「龍華機場」の滑走路跡であるとか。
上海に住み始めてすぐの頃、バスの行き先表示に「龍華機場」というのを見つけて、虹橋でも浦東でもない空港なんてあるのか? と大いに疑問に思っていた。当時、徐家匯に住んでいて、自宅から龍華寺までは歩いて15分程だった。よりによってそんな近くに空港があるなんて! とつくづく不思議だった。上掲のエントリーでも言及され・写真が提示されている「龍華機場」のターミナル・ビルを目撃したのはその数年後*2。また、龍美術館(西岸館)*3や余徳耀美術館*4などがオープンして、上海の新たなアート・エリアとなったのは2010年代に入ってからのこと。今度はポンピドゥー・センターまでやって来る*5
さて、エントリーに戻れば、私が「龍華機場」という名前を知った頃にはもう空港としての機能は完全に停止していた筈だが、21世紀の初めまでは空港の機能が(縮小していたにせよ)存続していたということを知った。

「中途障害」(メモ)

伊藤亜紗さん*1曰く、


伊藤亜紗@gubibibi


中途障害とは、健常者としての記憶を使って障害のある体を生きるということ。つまり2つの体を持つということなのだ。障害の体の上で以前の記憶が作動することにより、その人ならではの身体的アイデンティティが出来上がったり、あるいは幻肢のように記憶としての体が痛みの形をとって取り憑いたり。
Translate Tweet
5:34 PM · Sep 14, 2019 from Ota-ku, Tokyo·Twitter for iPhone
https://twitter.com/gubibibi/status/1172805703523717120

母語という意味での外国語を使っている人はどんなに習熟しても母語或いはそれ以前に習得した言語の「記憶」(影響)を排除できないということと同じ?

泉が盗まれ

NHKの報道;


「黄金の便器」盗まれる 展示中の宮殿から イギリス
2019年9月15日 8時46分


貧富の格差をモチーフに18金で制作され話題を集めた「黄金の便器」が、展示されていたイギリスの宮殿から盗み出され、宮殿は陳謝するとともに返還を呼びかけています。

盗まれたのはイタリアの芸術家マウリツィオ・カテラン氏*1が制作した「黄金の便器」です。

アメリカ」と名付けられたこの作品は貧富の格差をモチーフに18金を使って制作され、3年前にはニューヨークの美術館*2で来館者が使えるよう、トイレに展示されました*3

また去年ニューヨークの美術館が、トランプ大統領からホワイトハウスに飾るためゴッホの作品を貸し出すよう求められ「黄金の便器なら貸せる」と断ったと伝えられたことでも話題を集めました*4

今月12日からはイギリス南部オックスフォードシャー近郊にあるブレナム宮殿で展示されていましたが、宮殿は14日、黄金の便器が盗まれたことを明らかにしました。

イギリスの公共放送BBCによりますと、何者かが2台以上の車で押し入り配管を切断して盗んだため、現場は水浸しになっていたということです*5

警察は事件に関係した疑いがある66歳の男を逮捕しましたが、作品は見つかっていないということです。

世界遺産でもあるブレナム宮殿はチャーチル元首相が生まれた場所としても知られ、「貴重な作品が盗まれ、とても恥ずかしい」と陳謝し、返還を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190915/k10012082911000.html

実際に使えるというか、字義的にも「泉」であるわけだ!
See also


Emily Dixon “Solid gold toilet stolen from Blenheim Palace, birthplace of Winston Churchill” https://edition.cnn.com/style/article/uk-blenheim-palace-gold-toilet-scli-gbr-intl/index.html
安藤健二「「黄金の便器」盗まれる。ロイターは“5億円の価値”と報道」https://www.huffingtonpost.jp/entry/golden-toilet_jp_5d7e005ae4b077dcbd5fb265


「黄金のトイレ」というと、思い出すのは、上海万博の日本産業*6なのだった。
タイトルはマルセル・デュシャン*7に因んだもの。
See also


“Praying Hitler on display at Churchill's birthplace” https://www.bbc.com/news/uk-england-oxfordshire-49686634

7歳のときから

朝日新聞』の記事;


ダンゴムシのふんに抗カビ効果 研究10年の高2が発見


2019年9月15日 10時29分 朝日新聞デジタル


 ダンゴムシ*1のふんの、ある不思議な特性を発見した島根県出雲高校2年生の片岡柾人さん(17)が、7、8月に佐賀県であった全国高校総合文化祭「2019さが総文」で最高賞に輝いた。

 ダンゴムシ研究を始めて10年。成果が実を結んだ。

 発表した研究タイトルは「ダンゴムシの研究IX~カビを抑えるフン常在菌を探る!~」。ダンゴムシのふんに含まれる菌がカビの繁殖を抑えるというものだ。

 研究結果によると、ふんの抗カビ効果は、カビの発生の前でも後でも確認できたという。また、ふんの中の菌を入れたカビ培地と入れないカビ培地を仕切って抗カビ効果を試す実験をしていたところ、両方に抗カビ効果が見られ、抗カビ物質が揮発性であることも判明した。また、この菌の近縁種は深海の土壌から見つかった珍しいもので、菌自体の先行研究も少ないという。

 さが総文では、成果を120×180センチのポスター1枚にまとめ、プレゼンテーション。40校が参加したポスター発表の部で最優秀の文部科学大臣賞に選ばれた。
https://news.livedoor.com/article/detail/17085434/

ダンゴムシ研究を始めて10年」ということは、7歳、つまり小学校1年か2年のときからやっているわけだ。小さな子どもはみんなダンゴムシが好きだということはあるけれど。また、研究タイトルから先ずわかることは、既にこれまでに8本「ダンゴムシの研究」を発表しているということだ。「ダンゴムシの研究I」が発表されたのは何時頃のことなのだろうか。
ダンゴムシというのは甲殻類で、昆虫よりも蝦や蟹に近いと言える。また、ダンゴムシが属する等脚類には『風の谷のナウシカ』の「王蟲*2のモデルだという説もある*3 ダイオウグソクムシ*4もいるのだった。 ダイオウグソクムシの糞は? また、 王蟲の糞は?
風の谷のナウシカ [DVD]

風の谷のナウシカ [DVD]

最近話題になった高校生の科学研究だと、蝉の寿命に関する「俗説」を覆した研究とか*5

巨大かき氷

承前*1

『デイリースポーツ』の記事;


五輪会場で“前代未聞”降雪実験も気温は変わらず…組織委「清涼感を与えるもの」


 東京五輪パラリンピック組織委員会は13日、東京・海の森水上競技場で行われているカヌー・スプリントのテスト大会で、観客向けの暑さ対策として降雪機を使った実験を行った。午前10時10分から5分間、観客席に向けて合計300キロの氷を砕いたものを降らせたが、気温、暑さ指標(WBGT)ともに使用前後で変化はなし。組織委は「空気全体を冷やすものではなく(肌に)当たって清涼感を与えるものだと考えている」と見解を示し、効果を検証した上で他会場も含めて導入するかどうかを検討するとした。

 前代未聞の実験が大まじめに行われると、海外メディアも含めて会場は笑いに包まれた。観客席脇のトラックの荷台に置かれた降雪機が音を立てて起動すると、食用氷を砕いたものを空中に放出。粒の大きさはムラがあり、中にはやや大きめの塊のようなものも見られた。また、風が逆向きに吹くと近接するにもかかわらず、なかなか観客席に降ってこないこともあった。

 あいにくこの日は秋の気配が訪れており、曇り空で過ごしやすい気候だった。気温は実験前後で25・1度と変化はなかったが、観客席に座っていた職員からは「清涼感があった」という声もあった。一方で髪の毛や服がぬれる人もおり、「(氷が)背中に入ってとても冷たい」という声も。また、階段や通路もぬれたため、滑って転倒する報道関係者もいた。

 組織委は今夏集中的に行った各競技のテスト大会で、大型冷風機や日よけテントを設置するなど数々の暑さ対策を施した。雪を降らせるアイデアは8月中旬に新たに浮上したといい、組織委・MOC統括部長の岡村貴志氏は「組織委としてはできることは全て試してみる」というスタンスを強調した。

 今回の降雪機は通常は野外音楽祭や映画、CMの撮影で使われるものだという。岡村氏は「(大会を)楽しんでもらえる1つのイベントとしてもいいのでは」と話したが、この日のコストは非公表。効果は未知数で、清涼感を与えるためだけにどれだけの費用を掛けるのかは不明だ。
https://www.daily.co.jp/general/2019/09/13/0012695497.shtml

要するに、巨大なかき氷製造機。フラッペと仏蘭西風に言った方がおしゃれかも知れないけれど。全員にかき氷を1皿ずつ配った方がいいのではないだろうか。あの、氷を飲み込む際の後頭部が痛くなる冷や冷や感はなかなかのものなのではないだろうか。また、メロンとストロベリーでは、どちらの効果が強いのだろうか。