Critical situations in Sri Lanka

承前*1

Keith Bradsher and Sandra E. Garcia “Local Group Is Blamed for Attacks, but Sri Lanka Suspects ‘International Network’” https://www.nytimes.com/2019/04/22/world/asia/national-thowheed-jamaath.html


スリランカ政府は21日の同時テロ事件の実行者はNational Thowheeth Jama’athであり、国外勢力が幇助していると発表した。National Thowheeth Jama’athは殆ど無名のイスラーム主義集団。但し、同グループを含め、誰も未だに犯行声明を出していない。


“The target selection and attack type make me very skeptical that this was carried out by a local group without any outside involvement,” said Amarnath Amarasingam, a specialist in Sri Lankan extremism at the Institute for Strategic Dialogue*2, a counterterrorism research group based in London. “There’s no reason for local extremist groups to attack churches, and little reason to attack tourists.”
内戦期のテロとの比較;

Sri Lanka, an island nation in the Indian Ocean, was ravaged by decades of civil war that ended in 2009, but it has little history of militant Islamist violence. The suicide bombings that were pioneered there starting in the 1980s were carried out by guerrillas from the country’s Tamil ethnic minority who were mainly Hindu, not Muslims.

Anne Speckhard, the director of the International Center for the Study of Violent Extremism*3, contrasted the attacks by Tamil guerrillas with those attributed to National Thowheeth Jama’ath. Unlike the bombings on Sunday, she said, those during the civil war were part of a nationalist or ethnic separatist movement, and generally did not have religious targets.

アルカイダやISISなどの国際的なジハード主義組織との関係;

Local ties with such groups may have been strengthened in recent years by Sri Lankan Muslims who traveled to fight in wars in Syria and Iraq, said Sameer Patil, a national security fellow at Gateway House, a foreign policy research group in Mumbai, India*4. With the Islamic State having recently lost its last patch of territory in Syria, he said, the group’s foreign fighters are now more likely to return home to Sri Lanka and other countries.

“It was just a matter of time before that would hit them on their own soil,” Mr. Patil said.

See also

Jason Burke “Sri Lanka bombings: doubts over Islamist group's potential role” https://www.theguardian.com/world/2019/apr/22/sri-lanka-bombings-islamist-group-blamed-but-focus-also-on-failure-of-security-forces


六辻彰二*5スリランカは「右傾化する世界の縮図」―ヘイトスピーチ規制の遅れが招いた非常事態宣言」https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20180312-00082614/


上掲のNYTの記事の後半部とも重なるのだけど、スリランカにおける主流派仏教徒(シンハラ人)によるムスリム差別とムスリムの反撥。イースター・テロ以前の文章。これについては不明を恥じます。


インド洋にうかぶスリランカでは、3月6日に政府が非常事態を宣言。同国では少数派ムスリムへの嫌がらせや襲撃を、当局がともすれば放置しがちであったことが、大規模な反ムスリム暴動とそれに続く非常事態宣言に行き着きました。いわば、スリランカヘイトスピーチを積極的に取り締まらなかったツケに直面しているといえます。
3月6日、中部州の複数の町で、ムスリムが多い地域を数百人のシンハラ人が襲撃。モスクや商店などが破壊・放火され、少なくとも一人が死亡しました。この事態に、スリランカ政府は10日間の非常事態を宣言。夜間外出が禁じられ、フェイスブックなどソーシャルメディアが遮断されました。しかし、その後もムスリムへの襲撃は続いています。

近年、サウジアラビアがインド洋一帯に進出するなか、スリランカもその対象となっています。2015年7月には、スリランカ経済特区にサウジがインフラ整備などで12億ドルを投資することで合意。こうした背景のもと、商業に携わることの多いムスリムは「経済的なチャンスに恵まれる」と嫉妬の対象となり、SNSなどで「富裕な湾岸諸国に出稼ぎに行ったムスリムが帰国後に豪華な家を建てた」といった噂が広がるようになりました(スリランカムスリム評議会の代表はこうした噂が「神話」に過ぎないと否定している)。

 さらに、厳格な政教一致を求めるワッハーブ派を国教とするサウジアラビアは、神学生の派遣や神学者の招聘を通じて、海外のムスリムに影響を広げてきました。その結果、以前は髪をスカーフで隠すだけのことが多かったスリランカムスリム女性の間にも、顔を全て覆うアラビア半島風のヒジャブが普及。さらに、スリランカから少なくとも32人が「イスラーム国」(IS)の外国人戦闘員としてシリアに渡航する事態となりました。

 この国で少数派のムスリムは、8世紀にこの地にイスラームを伝えたアラブ人商人たちの子孫といわれます。宗教や民族が混在することは、近代以前の多くの地域ではむしろ当たり前で、この地のムスリムも常に迫害されてきたわけではありません。しかし、サウジアラビアの進出と「純粋なイスラームの普及」にともない、「スリランカ社会の中心」を自認するシンハラ人の警戒感と嫉妬、憎悪は強まったのです。


その結果、スリランカではムスリムへの嫌がらせやヘイトスピーチが頻発。特に近年では、ミャンマーを追われたロヒンギャ難民の保護が、これを加熱させる一因となってきました。


ロヒンギャ問題とは何か:民主化後のミャンマーで変わったこと、変わらないこと*6


 その中心には、過激派仏教僧に率いられるボドゥ・バラ・セーナ(BBS)と、ナショナリスト組織マハソン・バラカヤがあります。このうちBBSは、ミャンマーロヒンギャ排斥を主導する過激派仏教僧の集まりであるミャンマー愛国協会とも結びついている一方、やはりムスリムを迫害するヒンドゥー教徒を支持者に抱えるインド政府にも「反ムスリム」の共闘を呼び掛けています。


「仏教のビン・ラディン」の説法禁止:ロヒンギャ問題の解決か、ミャンマーでの対テロ戦争の激化か*7

「仏教は暴力に結びつきにくい」のか:ロヒンギャ排斥を主導する仏教僧を突き動かすもの*8


 そこでは宗教の教義は大きな問題ではなく、仏教ナショナリストは「自分たちと異なる、気に入らない少数者」を排斥することを政治的な目標にしているといえます。これらの組織はSNSでのヘイトスピーチを通じて参加者を募り、これに呼応するシンハラ人による行為は徐々にエスカレート。2014年7月には首都コロンボの南にあるアルトゥガマのムスリム居住区を、BBSに扇動された数百人のシンハラ人が襲撃し、2人が死亡しました。


その後、スリランカ政府は取り締まりを強化。2017年11月には2014年の事件を扇動したBBSの幹部が、同国で初めて「ヘイトクライム」によって逮捕されました。これは、2014年の事件を受けて国連が具体的な改善策を求め、米国がビザ発給緩和の延期を通知するなど、国際的な批判が高まったことを受けてのものでした。

 しかし、スリランカ政府の取り締まりは、いわば「外部を納得させる」程度にとどまり、その後もヘイトスピーチや、それに扇動されたムスリム襲撃への取り締まりは事後的なものに終始しました。

 例えば、2017年11月に南部の港町ジントータにあるムスリム居住区を数百人のシンハラ人が襲撃し、数十軒の家屋と二つのモスクが破壊された事件で、警察は19人を逮捕。そのなかには、「ムスリムが仏教寺院を破壊しようとしている」というフェイク・メッセージを流布したシンハラ人も含まれていましたが、当局は襲撃以前にこれを取り締まりませんでした。

 同様に、3月6日の反ムスリム暴動の前日、ナショナリスト組織マハソン・バラカヤの指導者はディガーナの街中でSNSを通じて以下のように呼び掛けています。「この街はムスリムだけのものになっている。我々はもっと前からこれに取り組むべきだった。…ディガーナやその近くにシンハラ人がいれば、来てほしい」。こうした襲撃を示唆するメッセージが流れたにもかかわらず、6日に暴動の対象となった近隣の街にはわずかな警官や兵士しか配置されず、しかも彼らは暴動を制止しようとしなかったと報じられています。

Justin McCurry “Sri Lanka terrorist attacks among world's worst since 9/11” https://www.theguardian.com/world/2019/apr/22/sri-lanka-terrorist-attacks-among-worst-world-911


あくまでもamongなのだが、ワースト10には入る悲惨な出来事であることは間違いない。

Who are behind?

バラク・オバマの言葉;


Barack Obama

@BarackObama


The attacks on tourists and Easter worshippers in Sri Lanka are an attack on humanity. On a day devoted to love, redemption, and renewal, we pray for the victims and stand with the people of Sri Lanka.

7:02 AM - 21 Apr 2019
https://twitter.com/BarackObama/status/1119964696810070017

Sugam Pokharel, Euan McKirdy and Tara John “Bombs tear through Sri Lankan churches and hotels, killing more than 200 people” https://edition.cnn.com/2019/04/21/asia/sri-lanka-explosions/index.html
“Sri Lanka attacks: More than 200 killed as churches and hotels targeted” https://www.bbc.com/news/world-asia-48001720


復活祭の日曜日にスリランカで起きた、基督教の教会や高級ホテルをターゲットにした、8箇所同時襲撃*1。既に死者は300名に達しようとしている;


“Sri Lanka attacks: Death toll soars to 290” https://www.bbc.com/news/world-asia-48008073


これらの蛮行が「テロ」だということはみんな一致しており、スリランカの治安当局による容疑者逮捕も始まっている;


高橋史弥「スリランカの爆破テロ、日本人1人の死亡確認 けが人情報も 死者は200人以上」https://www.huffingtonpost.jp/entry/srilanka-blast0422_jp_5cbd08f2e4b068d795cdf964
Xinhua “13 arrested in Sri Lanka over multiple explosions” http://www.xinhuanet.com/english/2019-04/22/c_137996435_2.htm


しかし、どんな組織によって遂行されたのかというのは(今の段階では)謎である。
スリランカではジェノサイドに至る仏教徒VSヒンドゥー教徒、シンハリ人VSタミル人の争いが猖獗していたのだが*2イスラーム原理主義などのグローバルなテロリズムを、これまでは寄せ付けてこなかった筈なのだけど。

*1:そのうち、首都コロンボ市内で6件。

*2:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20070418/1176869274

或る「里帰り」

『報知新聞』の記事;


尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白…理由を知り涙
2019年4月19日 20時31分スポーツ報知 # 芸能



 俳優の尾美としのり(53)*1が19日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、恩師の映画監督・大林宣彦氏(81)と23年間も絶縁関係にあったことを初告白した。

 尾美は幼稚園のころから子役として活躍していたが、1982年、16歳で大林監督の映画「転校生」の主役に抜てきされた。以後、83年に「時をかける少女」、85年には「さびしんぼう」と続く“尾道三部作”に主演するなど同監督作品への出演が続いた。

 ところが29歳のとき、雑誌で大林監督のインタビュー記事を見てショックを受ける。そこで監督は「尾美くんは僕の映画からは卒業だね」と卒業宣告をしていた。「どういうことなんだ」と当初は見当がつかなかったが、かつて楽屋で「たまには大林監督以外のほかの仕事もしてみたい」と愚痴をこぼしたことを思い出し、その発言が伝わったのではと考えるようになったという。

 そして実際に尾美は大林組の仕事に呼ばれなくなり、そのまま絶縁状態に。それから21年たった2016年8月、大林監督が肺がんで「余命3か月」と宣告されたというニュースが報じられ*2「もう2度と一緒に仕事ができないかもしれない」と悲しんだそうだ。

 しかし18年、奇跡的に体調が回復した大林監督から新作映画出演のオファーが届く。作品は、監督の出身地でもある、あの広島・尾道市を舞台にした「海辺の映画館―キネマの玉手箱―」だった*3。尾美は33年ぶりに訪れた地で大林監督と再会。ただ、長かった絶縁状態の理由は、監督から聞けないまま撮影が終了したという。

 番組でインタビューに応じた大林監督は、やはり尾美の愚痴を伝え聞いたことが原因だったと告白。「俺を裏切ったのか」とがっかりし、落ち込んだものの「おやじと息子みたいなもんですから。特に長男というものはいっぺん飛び出すんですよ。僕の映画につき合わせ、ほかの可能性を僕も奪っていた」と考え「家出息子、大きくなって帰ってこい」と“卒業”させたことを打ち明けた。最新作は「尾道にもう1回、里帰り」してほしいと思って尾美を呼んだという。

 この話をスタジオで聞き、尾美は涙を流していた。
https://hochi.news/articles/20190419-OHT1T50143.html

転校生 [DVD]

転校生 [DVD]

時をかける少女 [DVD]

時をかける少女 [DVD]

`だいもんじ

金井美恵子*1「心残り」『日本経済新聞』1994年12月29日夕刊


金井美恵子先生は1994年11月に京都大学渡部直己*2と公開対談をしたのだという。その質疑応答では、何故か「大江親子*3と障害者の問題」に関する質問が集中した*4。それとは別に、


日本の現代文学はアジアの歴史と現在に眼を注ぐべきだ、と主張する京大生が中上健次の小説の「父親殺し」について質問しながら「だいもんじの父親」というのには面食らったのだが、これはむろんラカン精神分析の「大文字の父」という概念を言っているのだと見当がついたのは、教室の窓から「大文字焼き」の「大」の字が見えていて、ここが京都なのだということが、いやでもわかったせいだっただろう。
和崎春日『左大文字の都市人類学』*5を再度マークしておく。
左大文字の都市人類学

左大文字の都市人類学

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/archive/2006/02/25 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20070427/1177703588 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20070502/1178036988 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20080108/1199795624 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20081117/1226893758 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20081126/1227715814 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20081203/1228280406 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20081207/1228590174 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20081218/1229567061 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090108/1231428497 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090314/1236964621 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090816/1250443444 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100519/1274234037 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100824/1282629673 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100831/1283285647 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100903/1283483751 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100913/1284405038 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100916/1284660360 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100918/1284799582 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100921/1285038978 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100925/1285387758 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100929/1285794543 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101109/1289301954 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101218/1292647576 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101230/1293692855 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110129/1296321747 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110131/1296400461 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110530/1306777342 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110713/1310486787 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110720/1311169077 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110805/1312471135 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110813/1313262503 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110814/1313322168 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110819/1313725242 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110825/1314272990 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110829/1314543718 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110904/1315163207 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20111028/1319820049 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20111105/1320435225 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20111117/1321458547 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120508/1336445007 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20121015/1350274808 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20140725/1406262846 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150528/1432792757 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150610/1433916539 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161217/1481947104 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180218/1518914252 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180306/1520302264 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/01/19/010411

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060929/1159554499 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110713/1310486787 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171201/1512061139

*3:大江健三郎大江光

*4:ノーベル文学賞受賞の直後。

*5:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100906/1283790345

佐倉市に住んでいた

承前*1

東京新聞』の記事;


「一時代築いた人 寂しい」 モンキー・パンチさん死去 地元・佐倉でも悼む声

2019年4月18日


 人気漫画「ルパン三世」の作者で佐倉市在住のモンキー・パンチさん(本名・加藤一彦)が十一日、八十一歳で亡くなったことを受け、地元の関係者からは悼む声が上がった。

 佐倉市によると、北海道浜中町出身のモンキー・パンチさんは一九九六年、同市に移住。二〇〇二~〇五年には「ルパン三世」や「一宿一飯」のキャラクターとともに市内の名所旧跡を描いたカレンダーを作製。一四年には市制六十周年を記念して発行されたご当地ナンバープレートには「ルパン三世」を描いた。一八年四月からは「佐倉親善大使」として、市の魅力発信にも尽力した。

 アニメ化四十周年記念で一三年に市立美術館で催された「ルパン三世展」を担当した学芸員の本橋浩介さん(48)は「イベントでは来場した子どもたちに額を突き合わせるように指導しており、後進の育成に情熱をそそいでいる姿が印象的だった。一つの時代を築いてきた人だけに、とても寂しい」と話した。

 市長職務代理者の利根基文副市長は「国内だけではなく海外にも大きな影響を与えており、悲しみと喪失感を禁じえない」とコメントした。

  (山口登史)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201904/CK2019041802000153.html

一宿一飯 (1976年) (奇想天外文庫)

一宿一飯 (1976年) (奇想天外文庫)

中村かさね「モンキー・パンチさん追悼 ルパン三世の劇場版第1作「ルパンVS複製人間(クローン)」を金曜ロードSHOWで急遽放送」https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cb66f1ee4b0ffefe3b8ad44


ルパン三世 ルパンVS複製人間』だけれど、いちばん印象に残ったのはカリブ海に浮かぶ「マモー」の島。突然空間がデキリコになり、次いでポール・デルヴォーエッシャー、さらにはサルバドール・ダリになって、何このシュールレアリスムへのオマージュ! と思ったのだった。また、クローン技術をネタにしたSF映画ということでは、これはかなり先駆的なものなのでは? それから、悪役「マモー」の声を担当しているのは西村晃であり、そのことについて改めて驚いている人が少なくないようなのだが、「水戸黄門」になったことによって、それ以前の悪役中心のキャリアがロンダリングされているんだなあ。

ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]

ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]

BeeSexual

Yuko Funazaki「蜂による「セックス」動画を世界最大のアダルトサイトが特集 その理由が深かった」https://www.huffingtonpost.jp/entry/beesexual-pornhub_jp_5cb92483e4b06605e3ed05f5


曰く、


世界最大のアダルトサイト、ポルノハブが4月16日、世界で減少しているハチを救う「BEESEXUAL(ビーセクシュアル)」キャンペーンを開始した*1

「ビーセクシュアル」(Beeの「ハチ」とBe「なろう」と、Sexual「性的に」の英語をかけている)は、ポルノハブの慈善事業部門であるポルノハブ・ケアズによる慈善キャンペーン。

ポルノハブのサイトは通常アダルト動画を配信しているが、今回キャンペーンの為に、ハチの採餌(蜂によって受粉が行われるため、ポルノハブはこれを「自然のポルノ」と呼ぶ)動画専門のサイトを開設。しかも普通のハチの採餌動画ではなく、有名なアダルト俳優らがアフレコを担当しており、視聴することでハチ保護団体への寄付になる。

キャンペーンサイトは「ハチは、殺虫剤や生態系の多様性、生息地の破壊によって急速に世界から姿を消している。花粉を運んで草花や果樹木の繁殖を助けるハチの減少は、植物の存続や私たちの食料にも関わる重大な問題である」と述べ、今回の慈善活動の背景を明かした。

See also


“Bee sexual: Pornhub launches special channel to save the bees” https://www.rt.com/news/456919-pornhub-bee-channel-environment-charity/
Curtis Silver “Pornhub's Beesexual Campaign Buzzes With Beerotica To Help Save The Bees” https://www.forbes.com/sites/curtissilver/2019/04/16/pornhub-beesexual/#623a0c3b6dc7
Marissa Martinelli “Pornhub’s New Horny Bee Campaign Is Part of a Well-Established Cultural Tradition” https://slate.com/culture/2019/04/pornhub-bee-movie-aqua-conservation.html


ヨーロッパを中心とした蜂の減少については、



The Bees in Decline http://sos-bees.org/


を参照のこと。

久しぶり

広坂朋信「Web評論誌『コーラ』37号のご案内」https://t-hirosaka.hatenablog.com/entry/2019/04/20/110841


ほぼ5か月ぶりの更新。
「幽霊の理論」は取り敢えずブラウジングしたけれど、消化するにはあと幾度かの反芻が必要であるみたい*1