ちょっと減速して「加速主義」

榎本*1「世界の果てまで「加速」せよ!――「加速主義」を読む」『書標』(ジュンク堂書店)494、pp.6-9、2020


「加速主義」とは;


(前略)そこでは根底的な社会変化を引き起こすために、資本主義制度、あるいはそれを歴史的に特徴づけてきた技術的プロセスを、あえて拡大し、再利用し、加速すべきであるとされる。まずいかもしれないけど、とにかく行くところまで行って進化させろ、だ。この概念の意味と用法はそれぞれの論者によって異なるが、主たる論者には、伝説のニック・ランド、「思弁的実在論」のレイ・ブラシエ、『資本主義リアリズム』の故マーク・フィッシャー、現在活躍中の左派ニック・スルニチェク、レザ・ネガレスタニといった現代思想のフィールドで活躍するスターたちが顔をそろえている。破滅を導くかもしれないその思想は、閉塞感に満ちた現代社会を打破するような不思議な力によって、私たちを否応なく変えてくれるのではないか、あるいは変えてしまうのではないか。(後略)(p.6)
「加速主義」については、何よりも、ニック・ランドの『暗黒啓蒙』の抄訳を含む『現代思想』2019年6月号(「特集*加速主義――資本主義の疾走、未来への〈脱出〉」)を読めということなのだろけど(p.7)、ここで紹介されている「加速主義」関係の単行本は、


木澤佐登志『ニック・ランドと新反動主義――現代世界を覆う”ダーク”な思想』星海社新書
木澤佐登志『ダークウェブ・アンダーグラウンド――社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス
マーク・フィッシャー『資本主義リアリズム』堀之内出版
ピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン――君はゼロから何を生み出せるか』NHK出版
トーマス・ラッポルト『ピーター・ティール――世界を手にした「反逆の起業家」の野望』飛鳥新社


ピーター・ティールはPayPalの創業者のひとり。スタンフォード在学中はルネ・ジラール*2の弟子だったが、現在はリバタリアンドナルド・トランプ支持者(pp.8-9)。「加速主義とオルタナ右翼*3リバタリアニズムとの親和性」(p.9)。
また、「加速主義とSF小説」ということで紹介されているのは、劉慈欣*4の『三体』と「現代社会の矛盾と絶望について、過去に愛した女性の記憶を交えて語る」ミシェル・ウエルベックの『セロトニン』(p.8)。『三体』については、「世界を守るのではなく、その先にあるのは絶望か希望かわからないけれど、宇宙人的な、類を破滅させるかもしれない生命体を受け入れるさまはまさに加速主義的だ」と述べられている。
「加速主義」の源流については、ドゥルーズガタリとかリオタールが言及されている(pp.6-7)。でも、再登場した未来派*5という感じも否定できない。
「加速主義」を巡っては、さらに詳しい紹介である


樋口恭介「【備忘】加速主義覚え書き」https://note.com/kyosukehiguchi/n/n766c5f0a0c2c


も。

換喩的差別

承前*1

朝日新聞』の記事;


新型肺炎対応の医師ら職場でバイ菌扱い 学会が抗議声明
新型肺炎コロナウイルス

瀬川茂子

2020年2月22日 15時26分


 日本災害医学会は22日、新型コロナウイルスに対応した医師や看護師らが職場内外で不当な扱いを受けているとして、抗議する声明を出した*2。「バイ菌」扱いするいじめを受けたり、現場で対応したことに謝罪を求められたりする例が相次いだと訴えている。

 この学会は、医師、看護師、救急隊員ら災害医療や防災に携わる個人・組織でつくる学会で、阪神・淡路大震災が起きた1995年に発足した。

 多くの医師や看護師らが、災害派遣医療チーム(DMAT)として、中国・武漢から政府のチャーター便で帰国した人や、横浜港でクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客乗員への対応にあたった。声明では、こうした活動がなければ、より多くの人が重症化して命が失われた可能性があると指摘した。

 ところが、学会によれば、医師らが不当な扱いを受けるケースが続出。自分の身を危険にさらして活動したのに、職場で「バイ菌」扱いされたり、子どもの保育園・幼稚園から登園自粛を求められたりしているという。さらに、職場の上司から現場で活動したことに対する謝罪を求められた例もあった。当事者から「悲鳴に近い悲しい報告」が寄せられているとしている。

 学会はこうした行為を見過ごすことはできないとして、「もはや人権問題ととらえるべき事態であり、強く抗議するとともに改善を求めたい」とした。

 新型コロナウイルスをめぐっては、感染者を受け入れ、看護師が感染した相模原中央病院(相模原市)も今月、「職員やその子どもが、いわれのない差別的扱いを受けている」などと訴える書面を公表している。(瀬川茂子)
https://www.asahi.com/articles/ASN2Q52PHN2QPLZU001.html

語弊があるかも知れないけれど、「差別」の端緒ということではわかりやすい差別だろう。社会に対する脅威だと認識されているケガレを、常民ではなし得ないような能力を以て処置したが故に、そのケガレと換喩的に同一視されて差別されるということ。
ところで思ったのだけど、今回のコロナウィルス肺炎騒動の社会現象としての側面に関しては、象徴人類学的に考えた方がいいのかも知れない。例えば、隔離にしても、医学的と同時に、人類学的・象徴論的に考えるべきだろう。両義的なものは危険である。黄昏が逢魔が時*3として危険視されるのは、それが昼でもなければ夜でもない、昼であるとともに夜でもあるからだろう(See eg. 吉田禎吾『魔性の文化誌』)。両義的な移行期をやり過ごすための通過儀礼としての隔離。この問題に関する最良の参考書はファン・ヘネップの『通過儀礼*4
魔性の文化誌 (1976年) (研究社叢書)

魔性の文化誌 (1976年) (研究社叢書)

通過儀礼 (岩波文庫)

通過儀礼 (岩波文庫)

「単独者」と「共同体」(柄谷行人)

柄谷行人、小嵐九八郎『柄谷行人政治を語る』*1から。
柄谷氏の語り;


単独者というのは、共同体に背を向けて内部に閉じこもった個人という意味ではないですよ。しかし、そのように受けとられたように思います。文学にはそういうイメージがあるのです。それは必ずしも悪いことではないですよ。共同体のなかにべったりと生きている個人は、単独者ではありえないから、共同体から一度離れた個人でなければ、他社と連帯できない。だから、そのような孤立の面を強調する傾向があったと思います。
ただ、そういう考え方がだんだん通用しなくなった。それに気づいたのは、一九九〇年代ですね。というのは、この時期に、それまであったさまざまな共同体、中間団体のようなものが一斉に解体されるか、牙を抜かれてしまったからです。総評から、創価学会部落解放同盟にいたるまで、企業ももはや終身雇用の共同体ではなくなった。共同体は、各所で消滅していた。
では、個人はどうなったのか。共同体の消滅とともに、共同体に対して自立するような個人もいなくなる。まったく私的であるか、アトム(原子)化した個人だけが残った。こういう個人は、公共的な場には出てこない。もちろん、彼らは選挙に投票するでしょうし、2チャンネル*2に意見を書き込むでしょう。しかし、たとえば、街頭のデモで意見を表明するようなことはしない。欧米だけでなく、隣の韓国でも、デモは多い。日本にはありません。イラク戦争のときでも、沖縄をのぞいて、デモがほとんどなかった。
そこで、いろいろ考えたのですが、個人というものは、一定の集団の中で形成されるのだ、という。ある意味では当たり前の事柄に想到したのです。(後略)(pp.144-146)

2020年1月19日。



習志野市鷺沼台2丁目*1

大久保

2019年6月11日。

習志野市大久保1丁目*1







大久保3丁目*2

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150730/1438223216 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160814/1471186840 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160901/1472698103 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160902/1472784466 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473144723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161017/1476675346 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170313/1489341911 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170319/1489888028 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170511/1494477183 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/02/091844https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/19/144619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/08/17/100010 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/05/083120 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/113130 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/10/123122 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/01/025135 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/11/08/085050 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/20/152606 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/01/123253 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/07/023733 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/09/130058 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/14/094848 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/16/084538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/18/094726 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/19/150209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/20/005043 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/21/095718 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/24/020605 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/26/112237 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/31/121004 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/120310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/085413 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/234710 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/09/100459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/11/083256 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/12/140921 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/223117 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/18/015950 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/24/020139 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/24/131637

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/04/03/234148 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/09/25/125927 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/31/021336 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/20/010454 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/21/094316 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/22/101659 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/24/020139

International Mother Language Day

エクマットラジャパン*1のツィート;


先週の金曜日は「国際母語デー」*2
See also


Yi Whan-woo “Bangladesh honors UNESCO-designated language freedom movement” https://www.koreatimes.co.kr/www/nation/2020/02/176_283951.html
Peter Chapman “Bangladeshi flag raised in Plymouth for International Mother Language Day” https://www.plymouthherald.co.uk/news/plymouth-news/bangladeshi-flag-raised-plymouth-international-3875302