「相互に関係なく、しかし同時に」

新宿泥棒日記 [DVD]

新宿泥棒日記 [DVD]

四方田犬彦*1中条省平*2「忘れ去られたひとびとの声を拾い上げる」『ちくま』(筑摩書房)569、pp.50-55、2018


ジャン=リュック・ゴダールの『たのしい知識』と大島渚の『新宿泥棒日記』を巡って。


中条 (前略)従来の映画のセリフというのは、語り合う者同士がたがいに理解し合うための言葉なのですが、ゴダールやあの頃の大島渚は、そういうコミュニケーションの可能性という前提をすらもはや信じていないんですね。整然とした対話でなく、会話のなかに果てしないモノローグや一方的なアジ演説や会話を断ち切るノイズをどんどんぶち込んでいく。(略)ここには、あの時代特有の、すべてを疑えとか、造反有理とか、すべてを破壊してもかまわないとかいう空気が色濃く映し出されています。一九六八年に日本とフランスで『たのしい知識』と『新宿泥棒日記』という二本の映画が撮られて、たまたまその両者の中で、ものすごいノイズの中でコミュニケーションならざるコミュニケーションが行なわれる場面があるということは、やはり同時代の空気の中でたがいに響きあうものがあるという証明ですよね。
そして、ゴダール大島渚もほとんど確信犯的に、お前たちにはこれはわからないだろう、本当にわかるつもりなのかと観客を問いつめるような作品になっています。観客もそこに身体ごとぶちあたって体験するほかないし、そういう真剣勝負を迫られる。とても五〇年前の作品と思えない生々しさがあります。ゴダール大島渚というフランスと日本をそれぞれ代表する映画監督が、相互に関係なく、しかし同時にこうした同じメッセージを発する挑発的な映画を作ってしまう。これこそ一九六八年という時代のなせるわざだったのではないでしょうか。
四方田 響き合うのはつまり、ゼネストで街路が騒乱に埋め尽くされる一方で、密室で二人の男女が傘を手にしながら本をひたすらに読んでいるというゴダールの六八年パリと、まさにいま我々がいる新宿紀伊國屋を舞台に*3、横山リエという現在はここから三〇〇メートル離れたところでバーをやっている女性が紀伊國屋の偽社員となって深夜に書物を集めて積み上げていく、そうするとそこから著者の声――ジャン・ジュネの『泥棒日記』に田村隆一の「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」、埴谷雄高なんかも出てきます――が響いてきて、一日一冊ずつ積み上げられていくところに、心配になった横尾忠則が駆けつけるという話で、外の世界が戦争状態のように騒然とする中、密室的な場所で書物を媒介に男女が語り合うという大島の新宿は非常に共通していると思います。
面白いの、お互いがお互いの存在をまったく知らずに同じことをしている点です。いまだったらインターネットで、あ、フランスでゴダールがこんなことしているのかというので、すぐ真似できますけど、当時はもちろんそんなものありませんから、偶然に同じような作品を作っていたわけです。
このようにして映画に限らず音楽でも写真でも、一九六八年から七二年くらいまでにかけて、なにか不可視の世界的同時性がアートや文化の領域で生じていたように思います。
中条 『1968』という、その時代のさまざま資料を防大に集めて書かれた大著がありまして、その著者である小熊英二さんという社会学*4が先頃「思想」という雑誌で、「1968年」というのは東京やパリで同時多発的に起こったように見えるが、それらは基本的に無関係な出来事に過ぎないと断言していました。
しかし、一九六八年に中学二年生だった僕の実感としては、四方田さんが提示してくれたように、大島とゴダールがお互いに関係なくしかし結果として同じことをやっていたように、そこにはまぎれもない〈世界性〉があったというほうが自分の認識としても感覚としてもしっくりくるんです。
(後略)(pp.50-51)
泥棒日記 (新潮文庫)

泥棒日記 (新潮文庫)


ところで、大島渚のコミュニケーションへの不信はさらに初期に遡るという論もある。北小路隆志大島渚追悼――「罵り合い」の「論理」と「ポエジー」」*51から;

(前略)彼の映画にあって、人が集まれば酒を飲み、議論を戦わせ、そして歌を歌い始める。それぞれの歌がある種のイデオロギーを体現することも多いが、ある意味で問題は、歌の内容である以上に、それが一人かそれに近いかたちで歌われるか、それとも合唱されるかの違いにある。『日本の夜と霧』に登場する「歌ごえ運動」や『日本春歌考』における若者らのフォークソングなどは集団によって和気藹々と合唱されるが、大島にとってそれは不愉快な行動以外の何ものでもないように映る。歌とは対立軸を生み出すための罵りであって、それが和解や「真実」へと収斂されるときにこそ、権力やファシズムが生起するのだ。だからまさに歌合戦の映画ともいうべき『日本春歌考』における、春歌(猥歌、エロ歌)と軍歌の闘いは、いかなる意味でも、つまり平和(民主主義)的にも弁証法マルクス主義)的にも解決を見ず、大島は一貫して合唱(対立の和解)を批判する。同作での春歌が、もっぱら伊丹十三演じる高校教師によって独唱され、彼を死へと導く教え子の高校生(荒木一郎)によって継承される一方、軍歌は、飲み屋に集う男性らによって合唱され、さらにその延長線上に教師の通夜の席でかつての同級生らによって歌われる全学連の「国際学連の歌」――その場に居合わせた荒木を頑なに俯かせしめるもの――やその60年代後半版であるフォークソングの合唱が加わるだろう。吉田日出子演じる女子高校生がボソボソと孤独に歌う朝鮮人従軍慰安婦の記憶を秘めた歌が、大島的な歌の最たるもので、それは決して和解(合唱)を認めず、できるのは、ただ歌い継ぐことのみだ。『太陽の墓場』(1960年)で佐々木功によって歌われる「流浪の歌」に始まる大島作品における歌の主題は(略)それは音楽というよりは言語の問題に属するものと位置づけなければならない。安易なコミュニケーションを許さない歌と言語……。(略)彼はしばしば「音楽嫌い」をも公言しているのだ。(p.60)
(Cited in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20140726/1406364098
太陽の墓場 [DVD]

太陽の墓場 [DVD]

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050618 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060120/1137745397 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060927/1159366397 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070219/1171856820 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070515/1179237549 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070605/1181012495 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070911/1189437787 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080905/1220637463 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090621/1245524625 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090707/1246939532 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100215/1266172377 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100219/1266520878 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100224/1267034263 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101019/1287460367 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110525/1306287120 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110805/1312481934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130418/1366301623 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130924/1380045500 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130925/1380121265 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141004/1412363750 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151129/1448815193 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160611/1465618195 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160723/1469283474 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170530/1496164942 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170901/1504285580 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180624/1529805997

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100805/1280971666 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101015/1287072242 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120307/1331127092 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130626/1372259831

*3:この紀伊國屋書店本店で行われた。

*4:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20050604 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060513/1147548713 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060920/1158717336 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20080424/1209010822 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091222/1261491800 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130129/1359438129 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171214/1513220987

*5:intoxicate』102、2013、pp.56-61

フェンシングかやっとうか

Jason Owens “French fencing federation recognizes lightsaber dueling as a sport; are Olympics next?” https://sports.yahoo.com/french-fencing-federation-recognizes-lightsaber-dueling-sport-effort-get-kids-off-couch-001321533.html
John Leicester “In France, the Force is strong with lightsaber dueling” https://sports.yahoo.com/france-force-strong-lightsaber-dueling-071315334--spt.html
濵田理央「ライトセーバーがフェンシングの正式競技に。ジェダイがフランスに続々誕生か?」https://www.huffingtonpost.jp/entry/lightsaber_jp_5c6cbdc9e4b0e37a1ed2a9d5


仏蘭西フェンシング連盟は、フルール、エペ、サーブルに続く4種類目のサーベルとして「ライトセイバー」を正式に認定した。2024年の巴里オリンピックの正式種目にすることも希望しているようだ。
ところで、これは日本の敗北、不戦敗だな。そもそも『スター・ウォーズ』の世界って、「ジェダイ」の語源が(時代劇の)時代だったり、R2-D2C-3POのコンビがそもそも『隠し砦の三悪人*1へのオマージュだったり、(例えば)『三銃士』*2の世界よりも黒澤映画の世界に近い。また、「ライトセイバー」の使い方も、あれはフェンシングというよりは日本の剣術*3やチャンバラに近い。しっかりと抗議してほしいものだ、ロチルド(ロスチャイルド)に!

隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]

隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]

三銃士 (1973) [DVD]

三銃士 (1973) [DVD]

今年も

濵田理央「【地震情報】北海道厚真町震度6弱 津波の心配なし、緊急地震速報を発表」https://www.huffingtonpost.jp/entry/hokkaido-earthquake_jp_5c6e9aaee4b0e37a1ed560fa


曰く、


2月21日午後9時22分ごろ、北海道地方を震源とする強い地震が起き、厚真町震度6弱、安平町、むかわ町で震度5強を観測した。

震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは約30キロメートル。地震の規模を表すマグニチュードは5.7と推定される。

気象庁によると、この地震による津波の心配はないという*1緊急地震速報が発表された。

「北海道地方」って何処だ?
厚真町」は昨年9月に「震度7」を記録したところ*2。記事を読む限り、人的被害は報告されていない。

“an issue I feel very passionate about”

生田綾「バーバリーの服に「首吊り縄が自殺を連想させる」 モデルが問題提起し、同社が謝罪」https://www.huffingtonpost.jp/entry/burberry-2019-aw_jp_5c6e0015e4b0e37a1ed4aaff
Chloe Taylor “Fashion label Burberry apologizes for 'suicide' hoodie” https://www.msn.com/en-us/news/other/fashion-label-burberry-apologizes-for-suicide-hoodie/ar-BBTQNHS
Associated Press “Burberry Apologizes After Controversy Erupts over Noose Hoodies: ‘Suicide is Not Fashion’” https://www.breitbart.com/entertainment/2019/02/20/burberry-apologizes-after-controversy-erupts-over-noose-hoodies-suicide-is-not-fashion/
Nerisha Penrose “Burberry Apologizes for Debuting a Hoodie With a Noose Around the Neck” https://www.elle.com/fashion/a26412133/burberry-noose-hoodie/


問題の発端となったモデルのリズ・ケネディさんの投稿はかなりの長文*1。新聞記事になると、どうしても一部がクロース・アップされた仕方で伝えられてしまうので、先ずは全文を読んでみる必要はあるだろう。


@burberry @riccardotisci17 Suicide is not fashion. It is not glamorous nor edgy and since this show is dedicated to the youth expressing their voice, here I go. Riccardo Tisci and everyone at Burberry it is beyond me how you could let a look resembling a noose hanging from a neck out on the runway. How could anyone overlook this and think it would be okay to do this especially in a line dedicated to young girls and youth. The impressionable youth. Not to mention the rising suicide rates world wide. Let’s not forget about the horrifying history of lynching either. There are hundreds of ways to tie a rope and they chose to tie it like a noose completely ignoring the fact that it was hanging around a neck. A massive brand like Burberry who is typically considered commercial and classy should not have overlooked such an obvious resemblance. I left my fitting extremely triggered after seeing this look (even though I did not wear it myself). Feeling as though I was right back where I was when I was going through an experience with suicide in my family. Also to add in they briefly hung one from the ceiling (trying to figure out the knot) and were laughing about it in the dressing room. I had asked to speak to someone about it but the only thing I was told to do was to write a letter. I had a brief conversation with someone but all that it entailed was “it’s fashion. Nobody cares about what’s going on in your personal life so just keep it to yourself” well I’m sorry but this is an issue bigger than myself. The issue is not about me being upset, there is a bigger picture here of what fashion turns a blind eye to or does to gain publicity. A look so ignorantly put together and a situation so poorly handled. I am ashamed to have been apart of the show. #burberry. I did not post this to disrespect the designer or the brand but to simply express an issue I feel very passionate about.


A post shared by 🦎 (@liz.kennedy_) on Feb 17, 2019 at 9:51am PST

問題は、最初にバーバリーの関係者が真面目に対処しなかったことにある。また、反響が大きくなったら、バーバリー側が事の是非はともかくとして取り敢えず謝っておこうという、或る意味で〈日本的〉な解決を図ったということだろう。
バーバリー側によれば、コレクションのテーマは「海」で、問題となった紐は船のロープをイメージしたものだろう。それが「輪縄(noose)」に見えてしまった。因みに、彼女は家族の自殺を経験したことがある(”Feeling as though I was right back where I was when I was going through an experience with suicide in my family.”)。そして、「輪縄(noose)」に見えると言われればそう見えてしまう。また、彼女は「リンチ」にも言及している。「奇妙な果実(strange kind of fruit)」*2。国家暴力装置を連想する人もいるかも知れない。 勿論、「自殺」も「リンチ」も死刑も連想しなかったよという人もいるのだろう。そういう人たちの話も読んでみたい。
ところで、バーバリーといえばトレンチ・コート、トレンチ・コートといえばバーバリー*3。trenchというのは「塹壕」という意味であり、トレンチ・コートそのものが戦争を連想させ*4自分のトラウマにひりひり触れるというクレームがあったら、どう対応するのだろうか。

*1:https://www.instagram.com/p/Bt_e9OpgGG3/

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20070608/1181274931

*3:See 宮田理江「「バーバリー」がトレンチコートの絶対王者である理由」https://allabout.co.jp/gm/gc/458071/all/

*4:日本人にとって、トレンチ・コートから先ず連想するのは、戦争ではなくて演歌かも知れない。ステレオタイプ的に言えば、演歌の女はトレンチ・コートを着て(大抵は北の地方へ)旅に出る。

猪皇帝

亥年なのだった*1


武田雅哉*2「熊さん八つぁん」『図書』(岩波書店)841、pp.16-19、2019


曰く、


正徳十四年(一五一九)というから、いまからちょうど五百年前のことである。その明の武宗皇帝*3は、いきなり、あるとんでもない*4お触れを発した。「民間ではブタを飼ってはならぬ。ブタを屠殺してはならぬ。また、ブタ肉を食べてはならぬ」と。
そのころ、精神に不安定をきたしていたともいわれる帝は、亥歳の生まれであった。猪と同音の姓であり*5、干支も亥なので、全国民が自分の肉を喰らおうとしているとの妄想にかられたのかもしれない。
干支といえば、新しい年は亥年だ。日本ではイノシシ年になっているが、中国はじめ、韓国やベトナムではブタ年である。食材としてのブタが、中国人の食生活にとって、とりわけ重要であることは周知のとおりだ。かくして全中国はパニックとあいなった。禁令をうけた全国の農民は、ならばいっそのことと、ブタをひそかに処分して埋めたり、肉を安値で売りさばいたりしたという。政府の重鎮も、寝耳に水の禁令にびっくり仰天。賢明なる中央政府の各部署は、宗教儀礼を正常にとりおこなうためには、ウシ、ヒツジ、ブタの三種の犠牲獣を捧げることが必須であり、ブタを欠くことで儀礼の秩序が崩壊してしまうこと、また「猪」と「朱」は音が似ているだけで、相互にまったく関係がないことなどをしたためた文書を上奏して高低を説得し、なんとか禁令は撤回させ、中国のブタ文化も危機を回避したようである。
中国の養豚の歴史をひもといてみるならば、似たような事件は、しばしば起きていたようだ。元の至元三十年(一二九三)の十二月のこと、農村部において、「お役所からブタを飼ってはならぬとの禁令が発せられた!」との怪情報が走ったという。これを聞いてあわてた農民たちは、飼っていたブタをことごとく屠殺し、とんでもない安値でブタ肉を売りさばかざるをえなかったという。
その元朝最後の皇帝、順帝は、ある夜、恐ろしい夢にうなされた。巨大なブタがやってきて、みやこ大都(北京)をつぶしたというのである。よほどこわかったとみえて、順帝は、さっそく養豚禁止令を発した。当時の歴史叙述においては、これは、明の太祖・朱元璋によって元朝が滅ぼされることの予兆であったというように、納得のいく解釈がほどこされるわけである。さらにさかのぼれば、十二世紀、宋の徽宗皇帝は、自分の干支が戌であることから、犬の屠殺と犬肉を食うことを禁じたという。わが犬公方・綱吉公*6の先達だ。(pp.18-19)

起訴

承前*1

Ryota Nasu「【速報】新井浩文容疑者を強制性交等罪で起訴 前所属事務所は「関係各所に誠意を持って対応する」」https://www.huffingtonpost.jp/entry/prosecution-arai-hirofumi_jp_5c6e2b76e4b0e37a1ed4cbce


ところで、相当酷いことをしたと言われているのに「不起訴」になった人もいる。例えば、山口敬之*2とか。「起訴」されたということは、それよりも酷いことをしたと勝手に想像してしまう。それでよろしいのか。

マカロンと紅茶

カルロス・ゴーン逮捕問題については殆ど何も言っていない*1。勿論、色々な陰謀理論が飛び交っていることも知っている。今回(陰謀理論圏内で)注目度が上がっているのは「ロスチャイルド*2(或いは仏蘭西語読みで「ロチルド」)だろう。以下、タイトルのみ。あまり真面目に読んだりすると、精神に対して重大なダメージがあるかも知れないけれど、そこら辺は自己責任で(笑);


マグニチュード99「ゴーン戦争は殖民地日本が舞台の、ロスチャイルド系パリ資本「ロチルド家」軍と「反ロチルド家」国際資本連合軍の戦争だ」https://magnitude99.hatenablog.com/entry/2018/11/24/140730
日産自動車はまるまるロスチャイルドの手のひらの中に一握りになる寸前だったということですね。」https://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-12420676482.html
清洲日産自動車カルロス・ゴーン氏を告発した日産自動車の西川広人社長は、必ず100%報復される!!」https://ameblo.jp/zeusu69/entry-12420246880.html
「250年続いたロスチャイルド支配が終わる!信託業務から撤退!三菱が反麻生太郎に廻る!日本の改革は新天皇が正式に即位する来年の5月以降!新しい時代の幕開け!東日本大震災・人工地震に関与…麻生の娘婿が」https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/e3e3944445bfc291e29c89bdf4a4af40


まあ、エマニュエル・マクロン*3の履歴それ自体が陰謀理論を引き寄せる撒餌であるわけだけれど;


深月ユリア*4 「【仏大統領選】マクロン候補は“ロスチャイルド出身”だった! フリーメイソンが「ルペン降ろし」実行、現地紙報道」https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201704_post_13013/
「仏国新大統領のマクロンはフランスのロスチャイルドの使いっ走り情報」https://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-12273284352.html


そのエマニュエル・マクロンに歯向かう「黄色いヴェスト」を巡って;


さつまいも7「ロスチャイルド家を後ろ盾とするマクロン政権に対する攻撃!~フランスのデモに現れたスナイパーはグノーシスイルミナティ側が用意したものか!」https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16020079.html


グノーシスイルミナティ」というのは知らなかった。普通の「イルミナティ*5とは違うのね? 


マクロンデモの底流にあるものは、グノーシスイルミナティ
    仕掛けた ”クーデター” ・・・。
    目的は、ロスチャイルド家を殲滅することのようです!
    現在、フランスで起きていることは、見過ごすことの出来ない
    重要なこと!
だって! ところで、竹下雅敏って誰?
まだ詳しくは読んでいないけれど、こちらも;


Brian Dunning “Deconstructing the Rothschild Conspiracy” https://skeptoid.com/episodes/4311


因みに、私はマカロンよりもプチ・マドレーヌの方が好きです。

*1:https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/01/25/171923

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20070427/1177654470 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090911/1252631767 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091019/1255890095 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110703/1309670384 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110822/1314038999 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170316/1489678363 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170921/1505970102

*3:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170509/1494299708 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170920/1505920680

*4:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150306/1425570810 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161116/1479267550

*5:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20080810/1218343197 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091013/1255405021 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091019/1255890095 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100729/1280393435 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100923/1285214473 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110417/1303010257 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110424/1303573112 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110619/1308483341 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110627/1309150169 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110703/1309670384 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110705/1309890515 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110709/1310229320 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110723/1311387569 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110724/1311507595 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20111115/1321286931 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150306/1425570810 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161116/1479267550 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171202/1512180717