「隠士」としての

図書館で久松潜一*1『契沖』(吉川弘文館、1963)を見かけたので、借り出した。
契沖*2国学の祖でありながら、手頃な伝記などを見かけたことがなかった。
久松は契沖を「隠者・隠士・畸人という系列」(p.3)に位置づけている。


(前略)彼が加藤家の重臣の家柄に生れ、しかもその加藤家が徳川家の幕府の政策と相いれず改易されてゆくことから生ずる、家の悲運の中に人となったことが、武家に対する反骨ともなり、それが隠士として生きる気骨を養うことにもなっている。元禄時代という花やかな時代に生まれ合わせていながら、契沖には太平の逸民という明るさがなく、秋霜烈日の感を与えるのも、そういう点から来ていると思われる。歌には恋歌もあり、人間観としては恋愛をも認めているようで、文学観としても恋愛を重んじているが、実際生活の上では恋愛の経験もなかったらしく、終世独身の清僧として清純な生涯を終わっている。下河辺長流・微雲軒その他数は少ないが、心を許しあった友があり、また弟子をも愛している点から見ても、心の暖い点はあったのである。ただ武士出身としてのきびしさはあり、親しんでなれしめない所はあったであろう。徳川光圀(水戸義公)*3に対する態度にしてもそれが見られる。(pp.1-2)

(前略)契沖の祖父下川元宜は加藤清正*4に仕えて五千石をはみ、その長子元真は1万石をはんでいる。しかし元宜の子で元真の弟である元全*5の時に加藤家は没落し下川家一家は禄から離れるのである。元全の長子元氏は禄を求めて越後(新潟県)にいったりしているが、かつては高禄の武士であった家が禄に離れた時の家庭の暗さは想像しても明らかである。そういう家に生れた契沖が少年にして出家したことも首肯される。真言僧として高野山で修行し、やがて曼荼羅院の住持になるが、普通の僧侶として檀家をかかえたわずらわしい住持生活に堪えられず、寺を出奔して一時は室生山に入って死のうとするが、やがて山村にこもってしまう。はじめ和泉の久井村(大阪府和泉市)に五年ほど住み、後に近くの万町(同上)の伏屋家に四年ほどおり、約十年の山村の生活の後、母を養うために再び妙法寺*6の住持になって約十年を過すが、母がなくなると寺をゆずって円珠庵に隠棲するのである。その間を通して古典の学に励むのである。親しい友で同じく武士の境涯から離れて隠士生活を贈る下河辺長流が徳川光圀に請われて『万葉集』の注釈を行っているが病気のため業が進まないので、契沖は代って『万葉集』の注釈を行う。その注釈を『万葉代匠記』というのは長流に代ってなした意である。契沖はその学徳を認められて光圀に仕官をすすめられるが、辞退してただ万葉注釈だけは初稿本と精撰本と二通りまで書いている。このような境涯や態度のうちに隠士・畸人としての生き方がある。(pp.6-8)

喜多條忠

『日刊スポーツ』の記事;


神田川」作詞家・喜多條忠さん死去、74歳 吉田拓郎と数々のヒット曲
[2021年12月1日0時1分]



かぐや姫のシングル「神田川」などで知られる作詞家・喜多條忠(きたじょう・まこと)さん(本名同じ)*1が22日午前6時、肺がんのため横浜市内の自宅で死去した。74歳。

葬儀は親族で済ませた。喪主は妻輝美(てるみ)さん。

放送作家から作詞家に転身し、吉田拓郎(75)とのコンビで数々のヒット曲を生んだ。人生の中盤をボートレースにささげ、還暦で演歌で作詞活動を再開した異色の経歴を持つ。後日、しのぶ会が開かれる予定。

   ◇   ◇   ◇

昨年、頭部に腫瘍が見つかり、治療の過程で肺にも小さな腫瘍が見つかった。手術と放射線治療を続けて、今年3月にはゴルフをするまでに回復。作詞活動も続けた。10月中旬に入院先から自宅に戻ったが、11月半ばに意識が混濁。眠るように亡くなった。

早大在学中に、浅川マキさんの「カモメ」を聴き、歌詞に興味を持った。大学を中退し、文化放送放送作家をしている時に、かぐや姫南こうせつ(72)と意気投合。アルバム用の作詞を依頼された。「『締め切りは今日なんですけど』と平気な顔をして言った」と当時を懐かしんだ。

急な依頼だったが、帰宅途中に神田川を見た。同川沿いの3畳一間のアパートで彼女と同棲していた学生時代を思い出した。一気に書き上げた。73年発売の名曲「神田川*2である。学生運動の熱が冷めていく中、彼女との平凡な日々の空虚感を「ただ 貴方のやさしさが 恐かった」に込めた。

親交深い吉田拓郎の依頼で梓みちよの「メランコリー」(76年)を作詞した。この時、拓郎に「歌謡曲のセンスないから書けないだろうけど」と言われ発奮。後に拓郎から「いくつか曲つけたけど詞に勝てなかった」と称賛された。この作品でフォークソング作家のイメージを払拭(ふっしょく)。拓郎と手掛けたキャンディーズの「やさしい悪魔」「アン・ドゥ・トロワ」など歌謡曲でも頭角を現した。

35歳のころに「乾いたタオルを絞って水を出そうとする」ような作詞家生活に疲れ、好きだったボートレースの予想やコラムニストに転身。歌仲間に促され、25年後の60歳で演歌で作詞活動を再開した。日本作詩家協会の会長だった17年に、伍代夏子の「肱川あらし」で悲願の日本作詩大賞(第50回)を獲得。「フォークやニューミュージックで育った団塊の世代の私が、演歌もいいよなと言ってくれる作品をつくりたい」と話した。その情熱が成就した。

神田川(かんだがわ) 作曲は南こうせつ。73年9月20日発売で120万枚超のミリオンセラーとなった。舞台は東京・高田馬場2丁目付近で、歌詞に登場する「横丁の風呂屋」は西早稲田の安兵衛湯(廃業)。同年「第24回NHK紅白歌合戦」に出場依頼が来たが、歌詞の「クレパス」が商品名と問題となり、出場しなかった。74年に関根恵子草刈正雄主演で映画化された*3。「赤ちょうちん」「妹」と3部作といわれる。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111300000658.html


隅田川の支流としての)「神田川」について、最初、秋葉原お茶の水付近の流れしか知らなかったので、「神田川」沿いに住んでいる人もいるんだ! と驚いた憶えがある。
年を取って、「ただ 貴方のやさしさが 恐かった」の前の、「若かったあの頃 何も恐くなかった」というフレーズに戦慄に引っかかってしまったことがある。こう回顧している、「神田川」から離れた(既に若くはない)「私」は何歳くらいなのか。後に、小川洋子さんの『ことり』や『猫を抱いて象と泳ぐ』を読んで本格的に感じた戦慄の予表*4

受理しない?

承前*1

片山虎之助に関して、


まあそういうことなのかな、と納得はしたけれど、管見の限りでは、そのように報じているニュース・アウトレットは見つからなかった。「法学部在学中の大学1回生」、どこからそういう話を聞いたのか。

64歳だった!

南海ホークスのファンだった「武田泰淳」氏」https://kojitaken.hatenablog.com/entry/2021/11/27/112044


スポーツ報知に「武田泰淳」という記者がいるという*1。古寺多見氏の推測では1971年生まれで、「作家・武田泰淳の晩年に生まれているから、ご両親の少なくとのどちらかは泰淳の大ファンだったに違いない」。
これを読んで、 武田泰淳*2についてちょっと調べたのだけど、泰淳の享年が64歳だったということに軽いショックを受けた。還暦を過ぎた私にとっては数年後だ! 
泰淳の流れで、そのお嬢様である写真家の武田花さん*3のインタヴューを見つけた;


はらあきこ、ときたみか「第9回 武田 花」http://www.ipm.jp/ipmj/int/takeda.html


花さんが46歳の頃のインタヴュー*4。インタヴュアーはその当時、東京綜合写真専門学校の学生。テープ起こしがいい加減で、却ってそれがアジになっている。「しばし鰻の話題でもりあがる」とか「映画の話でもり上がる」とか「かっこいいカメラマンについてややもり上がる」とか。

ところで、子どもの命名法だけど、「小沢信者」は自分の息子に「一郎」とか「一秀」とか命名するのだろうか? ウヨの息子や娘は「晋三」や「昭恵」或いは「水脈」? そういうことを考えてしまった。

削除された?

承前*1

J-CAST NEWS』の記事;


鬼束ちひろ容疑者は「自称シンガー・ソングライター」? 朝日新聞が記事修正
11/29(月) 18:13配信


J-CASTニュース

 歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が救急車を蹴って逮捕された事件で、「自称シンガー・ソングライター鬼束ちひろ容疑者」と報じていた朝日新聞は2021年11月29日、「自称」を削除したと発表した。



■「あれだけの実績のある方に...」

 各メディアによれば、鬼束容疑者は28日、東京都渋谷区の路上で救急車を蹴ったとして、器物破損容疑で逮捕された。

 鬼束容疑者は2000年に『シャイン』でデビュー。同年の『月光』が大ヒットし、翌年の『眩暈』が日本レコード大賞作詞賞を受賞した。

 朝日新聞(電子版)は28日、「鬼束ちひろ容疑者を逮捕 救急車のドア蹴った疑い『パニックになり』」の見出しで事件を報じ、「自称シンガー・ソングライター鬼束ちひろ容疑者」と伝えていた。

 SNS上ではこの表現に違和感が噴出し、脳科学者の茂木健一郎氏は「あれだけの実績のある方に『自称』とつける意味が全くわからない」とツイートした。ジャーナリストの津田大介氏も記事のコメント欄で苦言を呈した。

 記事は29日夕までに修正され、「自称」の部分は削除された。「29日の取材で確認ができたため、容疑者につけていた『自称』を削除しました」と末尾に追記している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/36a55a78612a851ec3ab081cf3d205f16724953f

ツィートにはまだ「自称」が残ってますけど! 謝罪もなし!
さて、


女性自身「鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情」https://news.yahoo.co.jp/articles/19f5a3c8493ee7c0ede2c322c86505d90de9d338


鬼束は素面だった。鬼束曰く、「自分が1番悪いというのは分かっているが、私に嫌味を言った男は許せない」。
自称新聞記者たちは「嫌味を言った男」を探すべきだろう。こいつがいなければ救急車も痛い思いをせずに済んだわけだから。

「漫画家らに賠償命令」

承前*1

毎日新聞』の記事;


伊藤詩織さん中傷ツイート訴訟、漫画家らに賠償命令 東京地裁
11/30(火) 13:33配信


毎日新聞

 性被害の申告が虚偽だとするイラストをツイッターに投稿され名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が、漫画家のはすみとしこさんに550万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(小田正二裁判長)は30日、88万円の支払いを命じた。はすみさんの投稿をリツイート(転載)した漫画家と医師の男性2人に対してもそれぞれ11万円の賠償を命じた。

 訴状などによると、はすみさんは2017年6月~19年12月、元TBS記者の山口敬之氏との間で性被害があったとする伊藤さんの申告について、虚偽であるかのようなイラストなど5件を投稿。伊藤さんは、これにより社会的評価を著しく低下させられたなどと主張した。また、男性2人によるリツイートについては、「ツイートに賛同の意思を示す表現行為で、責任を負うべきだ」と訴えていた。

 はすみさんは「元TBS記者の言い分を記載したにすぎない」、男性2人は「フォロワーに元TBS記者の主張を提供しただけだ」などと反論していた。【遠藤浩二
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2880aa55486f8ed40abeae0c5c23232cca4ce2e

See also


生田綾「漫画家はすみとしこさんに88万円の賠償命令。伊藤詩織さん思わせるイラストを投稿」https://www.huffingtonpost.jp/entry/shiori-ito_jp_61a4694ee4b0f398af14add5
生田綾「伊藤詩織さん、漫画家はすみとしこさんらに勝訴。リツイートにも賠償命令、「大きな一歩」と訴え」https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_61a5ae00e4b07fe2011d7c64

Tully’s

2月10日。


タリーズモリシア津田沼*1