新事実?

承前*1

共同通信の記事;


パーキンソン症候群罹患か
東京・池袋母子死亡事故

2019/10/19 01:08 (JST)


 東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が手足の震えや筋肉のこわばりが起きる「パーキンソン症候群」に罹患していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は加齢による身体機能の衰えや認知症など別の病気の有無も調べ、運転操作への影響について詰めの捜査を進めている。

 19日で事故から半年。警視庁は早ければ年内にも自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。

 捜査関係者によると、飯塚元院長は片脚の具合が悪く通院していた。パーキンソン症候群と似た症状もあり、医師は「運転は許可できない」と伝えていた。事故後には別の医師が、パーキンソン症候群の疑いがあると判断した。

 飯塚元院長はこれまでの聴取に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性も考えられる」などと説明している。警視庁は運転操作ミスが原因とみて、医師の意見を詳しく聴くなど慎重に調べている。事故当日は昼食のため妻を乗せレストランに向かっていたという。

 事故は4月19日昼に発生。横断歩道に突っ込んで通行人をはねるなどし、松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡、8人が重軽傷を負った。飯塚元院長と妻も負傷した。松永さんの遺族は厳罰を求める署名を約39万人分集め東京地検に提出している。

 道交法では「パーキンソン症候群」を免許取り消しなどになる病名に定めておらず、患者でも法律上、運転は可能。専門家は「病状の進行具合の確認などを含め医師への相談が重要だ」と話している。
https://this.kiji.is/557902046126605409

まだ「書類送検」されていないんだ! 
パーキンソン症候群*2だということだけど、このことが今頃になって新事実として報道されるというのはどういうことなのか。「上級国民」に対して注目し続けるメディアとかネティズンなら、事件後1か月以内に暴露して然るべきだろう。
ところで、書類送検や起訴の遅れによって、恩赦の対象とならないということはよかった。

ポカリでも飲んでろ!

こんなのが流れてきた。


丹羽信道@okerchanyu

Replying to @fAWyzuwjiUSsPp and @komaranjyo25


そもそも輸血が無くても大抵は生理食塩水で代用できる。というか輸血は臓器移植と同じで百害あって一利なし。
Translate Tweet
8:05 AM · Oct 17, 2019·Twitter Web App
https://twitter.com/okerchanyu/status/1184621528802975745

丹羽信道という人のプロフィールには、

安倍政権は保守でも右でもありません。朝鮮王朝王党派の棟梁で統一教会のお神輿であるボンボンに過ぎません。だからと言って一般の朝鮮人を差別はしません。沢田研二さんが何人だろうが原発反対で動いてくれました。感謝しかありません。民族が違うから敵対するのではなく、何人であろうと横の連帯は必要です。対立はカバールが喜ぶだけです。
と書いてある。
思い出したのは、6月に世間をちょっと騒がせた奴;

数日前、岸政彦氏が某サッカー選手に関する差別的なツィートを告発していた。そのツィートやアカウントは既に跡形もないのだけど、消える前に見た限りだと、


田布施システム」(=明治天皇替え玉説)信者
イルミナティ陰謀理論信者


であることはたしかなようだった。自己定義が右なのか左なのかもわからないのだけれど、とにかく安倍晋三嫌い、というか、安倍晋三は本姓が李という朝鮮人だと強く信じているようなのだ。
そのロジックが凄い。安倍晋三といえば岸信介の外孫。「岸」から始まる。


岸=キ+シ=木+子=李
https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/06/28/202730

検索してみると、こういう「輸血」否定論はあの(!)『るいネット』*1からも発信されていることが直ぐにわかった;


吉田達乃鯉「輸血は無意味だった!塩水で十分!!」http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=288293


この記事は殆ど船瀬俊介*2の本からの引用。
ところで、味も素っ気もない「生理食塩水」じゃなくて「ポカリスエット」注射をする研究機関とかないのだろうか。
イェホヴァの証人に言及する人もいるけれど*3 、あの人たちは独自の聖書解釈に基づいて輸血を拒否しているのであり、このような疑似科学とは関係ないでしょう*4

30年前の話

承前*1

AFP=時事の記事;


オランダ一家監禁、父親を逮捕 背景にカルト集団か
10/18(金) 6:49配信AFP=時事


【AFP=時事】オランダ北部の農家で10年近くにわたり外界と接触せず暮らしていた一家が保護された事件で、同国の警察は17日、一家の父親(67)を監禁などの疑いで逮捕した。警察はまた、事件の背景に「特定の信条や信仰」があった可能性について調べを進めていることを明らかにした。

 警察によると、父親には監禁のほか、他者の健康侵害やマネーロンダリング資金洗浄)の疑いがもたれている。事件では父親とは別に、農家の賃借人だったオーストリア人の男(58)が逮捕されていた。同国の裁判所は17日、この男に対し、父親に掛けられているものと同様の容疑に基づいた2週間の勾留を命じた。

 事件では、北部ドレンテ(Drenthe)州ライナーボルト(Ruinerwold)村郊外の農家で、隠し部屋で生活していた父親とその成人の子どもたちが発見された。メディア報道によると、一家は世界の終わりを信じるカルト集団に所属し、外界との接触を断ち「終末を待ち」ながら暮らしていた。

 メディアはオーストリア人の男の身元をヨゼフ・B(Josef B.)容疑者と報じている。地元テレビ局RTVドレンテ(RTV Drenthe)によると、同容疑者と一家は全員が韓国の統一教会世界基督教統一神霊協会、Unification Church)に所属していた。

 同教会の関連団体「天宙平和連合(Universal Peace Federation)」のウィム・コチエ(Wim Koetsier)氏はオランダのANP通信に対し、一家の父親が1980年代に統一教会信者だったことを認めた上で、父親はその後ドイツに向かい「われわれは彼を目にしなくなった」と語った。だがコチエ氏によると、ヨゼフ容疑者が統一教会に所属したことは一度もなく、父親は後に「他の人と一緒に」独自の団体を設立したとみられるという。

 一方、ヨゼフ容疑者のきょうだいのフランツ・B(Franz B)さんは、容疑者が軍役を終えた後にカルトに入信していたと説明。ただ、入信していた宗教集団は特定していない。

 フランツさんはオーストリア大衆紙クローネン・ツァイトゥング(Kronen Zeitung)に対し、「彼はセクトに入っていた。私たちは10年間連絡を取っていなかった。経済的保証人になってほしいと頼まれたときには、出ていけと言った」と語った。

 フランツさんによると、ヨゼフ容疑者には日本人女性との間に生まれた双子の娘がいる。【翻訳編集】 AFPBB News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000003-jij_afp-int

「背景にカルト集団か」というタイトルはミスリーディングだな。これだと、「カルト集団」つまり統一協会*2がこの「家族」に命令して、引きこもりをやらせているように解釈できる。しかし、「父親」が統一協会に入っていたのは1980年代、もう30年以上前のことである。ところで、「統一」の活動というと、素人の耳に聞こえてくるのは、どうしても韓国、日本、米国での活動なのだけど、ヨーロッパでもそれなりに活動しているんだね。また、「終末」を待ち望んで静かに引き籠っている「統一協会」なら、それは無害な「統一教会」であって、日本や韓国の信者の方々にも推奨したい。「統一協会」が問題になるのは、政界工作したり、珍味とかはんことか壺とかを売りつけたりするからでしょ?

*1:https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/17/232327

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060426/1146030834 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060430/1146363967 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20060729/1154141523 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061009/1160391996 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061011/1160575458 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061117/1163750378 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061120/1164023007 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20061211/1165808553 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20071011/1192110283 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20071101/1193930564 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20080427/1209230587 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20080706/1215281877 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20090227/1235750940 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091013/1255463430 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20100325/1269491168 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20101221/1292955257 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110404/1301894339 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120115/1326643979 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130416/1366106496 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130423/1366721850 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150202/1422851433 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150314/1426355148 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160808/1470620990 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161226/1482723694 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20170322/1490153992 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180918/1537288802 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/05/20/005421

颱風特需?

東京の空間人類学 (ちくま学芸文庫)

東京の空間人類学 (ちくま学芸文庫)

キャリコネ編集部「台風19号の影響で27年前の学術書ツイッター話題→重版決定 出版社「今までにない反響」」https://news.careerconnection.jp/?p=80306


曰く、


甚大な被害が出た台風19号*1。関東に上陸し、都内でも避難勧告が呼びかけられる事態となった。そんな中、ツイッターで「東京23区で浸水するエリア、しないエリアの違いに興味がでた人」にと紹介された本が話題になっている。

注目が寄せられているのは『東京の空間人類学』(陣内秀信著/ちくま文芸文庫)。都内書店に問い合わせると5店舗中4店舗が在庫なし。筑摩書房は10月16日、ツイッターで「問い合わせ多数のため、緊急重版を決定しました」と発表した。(後略)

以下、「山の手」と「下町」の区分を中心に『東京の空間人類学』の紹介が行われている。
「山の手」を特徴づけるのは「坂」、「下町」を特徴づけるのは(特徴づけていたのは)「水路」ということになる。以前私は山の手の東京を「山岳都市」と呼んだことがある*2
でも、『ブラタモリ*3のような街歩きの人気も地味ながら根強いので、別に颱風とか関係なく『東京の空間人類学』への需要はあるんじゃないか。
ところで、話題の『東京の空間人類学』は文庫版であって、オリジナルの単行本が刊行されたのは1985年のこと。

内戦

聞くところによると、百田尚樹杉田水脈との間で内戦が勃発しているという。自由主義者或いは左派はこれにどう対処していけばいいのか。勿論正解はないのだろうけど、端的に間違っているといえることは少なくとも1つはあって、それは敵の敵は味方という発想に基づいてどちらか一方にコミットすること。

『ジャズ』など

本を買った。

Toni Morrison『ジャズ』(大社淑子訳)ハヤカワepi文庫、2003

ジャズ―トニ・モリスン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

ジャズ―トニ・モリスン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

ヨシタケシンスケ『あるかしら書店』ポプラ社、2017
あるかしら書店

あるかしら書店

Herge『ふしぎな流れ星』(川口恵子)福音館書店、1998
ふしぎな流れ星 (タンタンの冒険)

ふしぎな流れ星 (タンタンの冒険)

『ジャズ』と『あるかしら書店』は日本橋の誠品生活*1で、タンタンは銀座の無印良品*2で買った。

「湧水の街」!

「湧水の街 和光市巡り」『MwtroWalker』2019年秋号、p.11


柿ノ木坂湧水公園(和光市新倉1)
富澤湧水(和光市白子2)
青龍寺不動院和光市白子2)
大坂ふれあいの森(和光市白子2)


が紹介されている。
実は、大学のとき、1年間「和光市*1の2つ先の朝霞台まで通学していたのだが、その頃を含めて、和光市駅の改札をくぐったことは殆どなかった。理研本部の所在地ということは知っていたけれど。「和光市」というのはあくまでも東武東上線有楽町線の乗換駅だった*2