「数学」と「環境問題」

清水有香*1「危機から希望を見いだす」『毎日新聞』2021年11月20日


森田真生*2『僕たちはどう生きるか』を巡って。


気候変動という「不気味な時代」にあって、データに基づく「正しさ」を叫び、ただ危機をあおることに疑問を呈する。環境問題は「まじめに受け取れば受け取るほど心が壊れてしまう」と考えるからだ。「環境が破壊されていく時代に心を壊さず、しかも感じることをやめないで生きるために、新しい希望を紡いでいく必要がある」。そう考えた時、気候変動を「人間の新たな感性が生まれる一つの契機」として受け止める環境哲学者ティモシー・モートン氏の思想にヒントを得た。

本書のキーワードに「弱さ」と「精緻さ」がある。「自分だけでは立てない」弱さを受け入れ、生態系の複雑な網の中に事故を編み直すことは「一度きりの現在を精緻に捉えること」につながる。「現在を精緻につかむとは今、与えられているものに感動し、深く感謝するということです」、目の前の自然に愛着が持てれば、それを大事にしようとする心も育まれる。それが感性の更新の一つでもある。
ただ生き延びるのではなく、いきいきとした生をどう描くか。「人間として生まれた以上は人間として生きることに希望を感じられる生き方を編み出したい」。正しさから精緻さ、強さから弱さ、危機から希望へ。いくつものの転回をはらむ思考の軌跡は、遠い未来を嘆くより「今、ここ」から共に考えようと手を差し出す。

或る特性の仕事

承前*1

宮台真司襲撃犯逃走中」https://nessko.hatenadiary.jp/entry/2022/12/01/082827


宮台真司襲撃事件は犯人も捕まっておらず、その動機や背景は全くわかっていない。上掲のエントリーでは、この事件を聞いて「大阪クリニック放火事件」*2を思い出したという。たしかに、教師、医療労働者(医師や看護師)、介護労働者(介護福祉士やヘルパー)、宗教家(牧師や僧侶)、さらにはセックス・ワーカーには、その仕事の特性において、或る共通性がある。英語ではこのような仕事をskin trade*3というのだろうけど、(ここ数年の流行り言葉で言えば)ソーシャル・ディスタンスを最小限にしてクライアントと向き合わなければいけないこと。その際、どうしても相手のプライヴァシーに侵入してしまうし、自らのプライヴァシーを相手に晒してしまう可能性もある。こうした関係性がパワー・ハラスメントやセクシュアル・ハラスメントの温床であることは言うまでもない。その一方で、ストーカー行為の被害者になる可能性も高い。勿論、今回の事件がストーカー的な動機によるものだったかどうかということは当然ながら全くわかっていないのだけど。

What a feeling!

Bethy Squires “‘Fame’ Singer Irene Cara Dead at 63” https://www.vulture.com/2022/11/fame-singer-irene-cara-dead-at-63.html
Rich Calder and Rob Bailey-Millado “Irene Cara dead at 63: ‘Fame’ and ‘Flashdance’ singer was Grammy, Oscar winner” https://nypost.com/2022/11/26/irene-cara-grammy-winning-fame-and-flashdance-singer-dead-at-63/


『フェイム』や『フラッシュダンス』の歌手/女優であるアイリーン・キャラ*1の死。心がざわついたのは彼女が1959年生まれで、私とほぼ同年代(2歳年上)だったためでもあるだろう。それにしても、『フラッシュダンス』の主題歌”What a Feeling”は今でも時折脳内再生されるほど染み着いている*2

フェーム 特別版 [DVD]

フェーム 特別版 [DVD]

  • アイリーン・キャラ
Amazon

*1:http://www.irenecara.com/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Irene_Cara

*2:因みに、彼女は『フラッシュダンス』には女優としては出演していない。

A Songbird Flew Over

Benjamin Lee “Fleetwood Mac’s Christine McVie dies at age 79” https://www.theguardian.com/music/2022/nov/30/fleetwood-macs-christine-mcvie-dies-at-age-79
Caroline Sullivan*1 “Christine McVie obituary” https://www.theguardian.com/music/2022/dec/01/christine-mcvie-obituary
フリートウッド・マッククリスティン・マクヴィーが死去」https://amass.jp/162806/
フリートウッド・マッククリスティン・マクヴィーの訃報を受け、様々なミュージシャンが追悼コメントを発表」https://amass.jp/162810/


フリートウッド・マック鍵盤楽器奏者/ヴォーカリスト*2クリスティン・マクヴィー*3の死。享年79歳。体調が崩れて入院したらそのまま死んでしまったということで、急死といえるのだろう。
さて、フリートウッド・マックに関わった2人の女性のうち、スティーヴィー・ニックス「太陽」クリスティン・マクヴィーを「月」に喩えた人がいたけれど、寧ろ逆というか、スティーヴィーが常に翳りというか幽玄を体現していたのに対して、クリスティンは陽というか〈正気〉を体現していたように、少なくとも表面的には感じられた。
私が(相対的に)よく知っているフリートウッド・マックというのは、世間一般と同様に、FwMが最も売れていた時期、つまり(邦題)『ファンタスティック・マック』や『噂』の時期なのだが、その時期というのは危機的というか、イエスの曲名で言えばClose to the Edge*4な時期なのだった。Alexis Petridis氏*5は言う、


(…) She appeared to sail through the soap opera that was Fleetwood Mac in the mid- to late 70s – a broiling mass of failed personal relationships, cocaine-fulled egotism and excess – with such a degree of equanimity that Nicks took to calling her Mother Earth. Somehow, she pulled off the not-inconsiderable feat of seeming to be at one remove from the band’s madness while in reality being in the thick of it.

On 1977’s 45m-selling Rumours, while Nicks and her former partner Lindsey Buckingham wrote one entertainingly bitter song after another about their collapsed partnership, each heaping blame on the other, McVie came up with Don’t Stop, exhorting her ex-husband, bassist John McVie, to look on the bright side of their recent divorce. You could argue that was easy for her to say, given that she wasn’t the one who had to stand on stage every night listening to their ex sing a paean to their new partner (McVie’s You Make Loving Fun). But still, the song suggested its author was possessed of a noticeably different temperament to the people who wrote Dreams or Go Your Own Way. “It was never as melodramatic as Stevie and Lindsey,” she later reflected.
(“Mother Earth, musical prodigy or steely powerhouse? The enigma of Christine McVie” https://www.theguardian.com/music/2022/dec/01/mother-earth-musical-prodigy-or-steely-powerhouse-the-enigma-of-christine-mcvie )

ただ、フリートウッド・マックはこの危機的な、つまり2組のぶっ潰れたカップルをミック・フリートウッドが支えるという編成が最も安定的だったというのも、逆説的ながら、事実なのだった。
Close to the Edge

Close to the Edge

  • アーティスト:Yes
  • Elektra
Amazon

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20050809 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20110729/1311871264 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20141015/1413299704 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20161229/1482985097 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20180703/1530637144 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/12/13/110420 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/05/28/104517 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/08/11/144222

*2:チキン・シャックのピアニスト/ヴォーカリストだったことも忘れてはならない。

*3:https://www.instagram.com/christinemcvieofficial/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Christine_McVie See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120611/1339419466 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20141015/1413299704

*4:Mentioned in https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20091124/1259077779 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20120113/1326478122 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20140901/1409591774

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090309/1236622473 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100728/1280293011 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110729/1311871264 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120603/1338745679 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120708/1341677438 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131028/1382925103 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140901/1409591774 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160422/1461293723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161027/1477538541 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161229/1482985097 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170313/1489332422 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171001/1506871085 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20171006/1507222739 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/101533 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/07/093756 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/07/104014 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/16/225732 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/19/142132 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/12/13/110420 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/01/22/093236 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/02/24/112934 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2022/05/21/094312

江澤民

『読売新聞』の記事;


中国の江沢民・元国家主席が死去、96歳…高速経済成長導く
11/30(水) 17:43配信


読売新聞オンライン

 【北京=比嘉清太】中国国営新華社通信によると、中国の江沢民(ジアンズォーミン)元共産党総書記(元国家主席*1が30日、病気のため上海で死去した。96歳だった。毛沢東トウ小平に続く世代の指導者として中国の高速経済成長を成し遂げ、2001年の世界貿易機関WTO)加盟を実現した。

 04年9月に軍トップの党中央軍事委員会主席を辞任し、党、国家、軍の全ての最高ポストから引退した後も党内で根強い影響力を保持していた江氏の死去により、自身への権力集中を進めている習近平(シージンピン)総書記にとってはさらに有利な政権運営が可能になるとみられる。

 江氏は江蘇省揚州生まれで、共産党では毛沢東トウ小平に続く世代の最高指導者だった。電子工業相などを経て上海市トップの市党委員会書記に就き、当時の最高実力者だったトウ小平に、改革・開放政策への積極姿勢と民主化言論を抑え込んだ手腕を評価されたとされる。1989年6月、天安門事件で失脚した趙紫陽元総書記の後任に抜てきされた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4708a887a468076b1309237c3d1a38f5909d0a3a

See also


Stephen McDonell & Tessa Wong*2 “Jiang Zemin: Former Chinese leader dies aged 96” https://www.bbc.com/news/world-asia-china-63805991
Emma Graham-Harrison “Former Chinese president Jiang Zemin dies at 96” https://www.theguardian.com/world/2022/nov/30/jiang-zemin-former-chinese-president-dies-at-96
John Gittings*3 “Jiang Zemin obituary” https://www.theguardian.com/world/2022/nov/30/jiang-zemin-obituary
Verna Yu “Former Chinese leader Jiang Zemin’s body arrives in Beijing” https://www.theguardian.com/world/2022/dec/01/former-chinese-leader-jiang-zemin-body-arrives-beijing

蓉堂居士*4曰く、


王丹氏*5
袁莉さん;
江沢民は優れた文人でもあった。
蓉堂居士曰く、

記者陽性になる

岩永直子*1「医療記者、新型コロナに感染する 当事者になってショックを受けた自分の感情」https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/corona-positive


Buzzfeed』で医療関係を中心としたレポートをしれいる岩永直子さんが新型コロナウィルスに感染したのだという。幸いに、重症化せず、また後遺症もなく恢復した。
さて、岩永さんも言及している新しい国産抗ウィルス剤「ゾコーバ」って意味があるの? コロナ感染症の症状改善期間を現在の8日間から1日縮めて7日にするって。


岩永直子「国産初の抗ウイルス薬の飲み薬「ゾコーバ」審議会で承認を了承 診療現場での意義や承認プロセスに疑問も」https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/s-217622-6