盧泰愚

日本経済新聞』の記事;


韓国の盧泰愚・元大統領が死去 88歳、民主化を宣言
朝鮮半島
2021年10月26日 14:33 (2021年10月26日 16:00更新)



【ソウル=恩地洋介】韓国の盧泰愚(ノ・テウ)元大統領*1が10月26日、ソウル市内の病院で死去した。88歳だった。1987年に大統領候補として民主化を宣言し、88年2月に第13代大統領に就任した。同年のソウル夏季五輪を成功させ、南北の緊張緩和や社会主義国との関係構築に努めた。

93年の大統領退任後は不正蓄財で無期懲役の一審判決を受けた。前任の大統領である全斗煥氏とともに起こした軍事クーデターを巡る罪などにも問われ、最高裁は懲役17年の判決を下したが、金泳三大統領の特赦で釈放された。2002年に前立腺がんの手術を受けた後、健康状態が悪化し寝たきりの生活を送っていた。

盧氏は韓国南東部の慶尚北道(現在の大邱市)で日本統治下の1932年に生まれた。側近として支えた全斗煥元大統領とは陸軍士官学校の同期だった。

87年の大統領選は、野党の分裂に助けられた。有力候補であった金泳三、金大中金鍾泌の3氏の得票が割れるなか、36.6%の得票率で当選した。就任後は金泳三、金鍾泌の両氏と保守連合を組み、巨大与党をつくった。

冷戦崩壊を踏まえ、旧共産圏の国々との積極外交を展開した。旧ソ連や中国と国交を樹立し、北朝鮮とは敵対関係の解消に動いた。91年には南北が国連に同時加盟し、互いの和解や不可侵をうたった南北基本合意書を締結した。

90年5月に日本を訪れた際には、歴史問題を巡る日本側の踏み込んだ発言を求めた。天皇陛下(現上皇さま)が晩さん会で「痛惜の念を禁じえません」と述べられ、盧氏は「韓国国民はいつまでも過去に束縛されていることはできません」と応じた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM265GQ0W1A021C2000000/

木村幹氏*2曰く、

木村幹
神戸大学大学院国際協力研究科 教授


ひとこと解説
政治学の世界では、ある国の民主化がスムーズに実現される為には、権威主義政権内部の穏健派が、民主化運動に妥協的な姿勢を取るか否かはが重要だ、と言われる事があります。そして、韓国における1987年の民主化で、この穏健派を代表したのが盧泰愚。もし彼が自らの政権維持の為に、運動の弾圧へと傾きかけていた全斗煥にストップをかけていなければ、韓国を巡る状況は更に混乱し、民主化は大きく遅れたかもしれません。全斗煥らによる一連のクーデターに参加し、巨額の不正政治資金を蓄えた疑惑により懲役刑をも受けた盧泰愚の果たした役割をどう評価するかは、今後も韓国現代政治史を巡る大きな問題であり続けると思います。

時事通信

「過ちあったが成果も」 故盧泰愚氏に弔意―韓国大統領
2021年10月27日16時15分


 【ソウル時事】26日に死去した韓国の盧泰愚元大統領について文在寅大統領は27日、「1988年ソウル五輪の成功と北方政策の推進、南北基本合意書の採択など成果もあった」と述べ、冥福を祈った。一方で、80年の光州事件などに触れ「歴史的過ちが少なくなかった」と指摘した。大統領府が明らかにしたもので、文氏は弔問しないという。

 盧氏をめぐっては、旧ソ連、中国との国交樹立など功績を評価する見方もある。半面、79年のクーデターや民主化運動を武力鎮圧し多数の死傷者を出した光州事件への関与から、文政権の支持基盤である革新陣営では否定的な感情が根強い。
 韓国政府は27日、盧氏の葬儀について「国家葬」とすることを決定したが、一部で反対する声も上がっていた。葬儀期間は26~30日の5日間で、30日に告別式が行われる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102700677&g=int

See also


Associated Press “Roh Tae-woo, S. Korean general who won democratic election and fostered global ties, dies at 88” https://www.washingtonpost.com/local/obituaries/roh-tae-woo-dead/2021/10/26/176d8f80-365b-11ec-91dc-551d44733e2d_story.html
“Corée du Sud : décès de l'ancien président Roh Tae-woo” https://www.lefigaro.fr/flash-actu/coree-du-sud-deces-de-l-ancien-president-roh-tae-woo-20211026

南北の話

中島岳志先生*1曰く、


「なかしま」だったらどうなるのだろうか。「北の中島」中島みゆき*2に対して、「南の中島」中島美嘉*3は「なかしま」なのだった。
中島美嘉といえば、『スポーツニッポン』の記事;

中島美嘉 闘病から復活、意外な喜びを語る「歌手の方は絶対変だと思うでしょうけど」
10/23(土) 17:21配信


スポニチアネックス

 歌手で女優の中島美嘉(38)が、22日放送の日本テレビ系「MUSIC BLOOD」(金曜後11・00)にゲスト出演し、長年苦しめられてきた耳の病気について語った。

 10年に耳管開放症で活動を休止し、半年後に復帰した。「復活したんですけど、復活した=治ってると皆さん思って下さるだろうし、実際のところそうではなかった」。復帰前には、周囲からの心配する声に焦りを感じていた。「『このままだと心配させっぱなしだ』と思って、私が負けちゃったんですよ。『もうちょっと待って』と言えれば良かったんですけど。自分の判断ミスなんですよ」と打ち明けた。

 耳管開放症は、中耳と鼻の奥にある咽頭を通耳管が開放したままになり、自分の声が響いたり、耳が詰まった感じがする病気。「自分の声が以上に大きく聞こえて、外の音が聞こえなくなる。調節が難しいんですね」と説明した。

 番組では、その状態で歌った場面がVTRで流された。元々のしなやかで繊細な声とは対照的な、張り上げるような声に、中島自身も「ひどい…」としばし絶句。「すごい声してるでしょ?ああいうふうに、怒鳴らないと歌えなかった」と振り返った。

 今年で歌手デビュー20周年。長年、闘い続けた病も、今は鳴りを潜めているという。「15年くらい、耳管開放症とか、いろんなものと闘っていたので、一気になくなるというのがちょっと不思議で。もしかしたら、コロナも悪いことばかりではなくて、私にとっては。ゆっくり休めたりとか、徐々に聴力が上がってきて。ある日、ぽこっと戻ったんですね。少し自分で生活を変えられたりして、ストレスが少なくなったりなのかなと思います」と分析した。

 病気が治り、思い通りに歌えることに楽しみを感じているという。「一番うれしかったのは、歌手の方は絶対変だと思うでしょうけど、音程を外したのが分かることでした。外したら次で戻そうとか分かるんで」と明かし、「(病気の時に)見に来てくれた人たちにすごい失礼なことをしていた」と、申し訳ない思いも口にしていた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1206812fa5e973ccc6bb6db334649404590b19e9

乱歩焼失

毎日新聞』の記事;


「貴重な宝が一夜で…」 江戸川乱歩館、火事で未整理資料など焼失
10/26(火) 9:46配信


毎日新聞

 24日午後11時45分ごろ、三重県鳥羽市鳥羽で火事があり、3階建てビルと周辺の木造家屋計7棟が焼失、1人の遺体が見つかった。



         ◇

 「鳥羽市の貴重な宝物が一夜で消えてしまった」

 真っ黒に焼け落ちた「江戸川乱歩館~鳥羽みなとまち文学館」*1を前に、同市文化財専門員の野村史隆さん(73)は、こう言って立ちすくんだ。同館は、探偵小説の先駆者、乱歩(1894~1965年)*2と親しく交流した岩田準一(1900~45年)*3の自宅と書斎、蔵、展示館の4施設からなり、自宅と書斎が全焼した。未整理の資料がたくさんあったといい、野村さんは「調査にかかろうとした矢先の火災。残念だ」と肩を落とした。

 江戸川乱歩館は2002年、木造2階建ての岩田の自宅を改装してオープンした。岩田は伊勢志摩の習俗や男色に関する研究に没頭し、「志摩の海女」「本朝男色考・男色文献書志」などを出版する一方、乱歩のほか、博物学者の南方熊楠、詩人の竹久夢二歌人与謝野鉄幹ら多くの文化人と交友を重ねた。

 乱歩は1917年に鳥羽市の造船所に勤務し、当時中学生だった岩田と知り合った。1年3カ月の短い滞在だったが、妻となる小学校教員だった隆とも出会った。岩田とは男色研究で意気投合し、乱歩と放浪の旅にしばしば出かけた。乱歩の「パノラマ島奇談」の挿絵は岩田が手掛けた。

 同館の資料をデータ化するアーカイブ事業は20年末から、日本近代文学が専門の金城学院大学名古屋市)の小松史生子教授らによって進められてきた。現在は中断しているが、焼け落ちた2階には手つかずの資料が残されており、岩田の側面から見た乱歩に関する新しい発見が期待されていた。

 野村さんや同館を管理運営する鳥羽商工会議所は「『幻影城』と名付けられた蔵、展示館、鉄製のケースに入れてあった手紙類は、かろうじて焼け残った。しかし、未整理の資料がほとんど焼けてしまったのはショックだ」と話している。

 鳥羽商議所によると、同館は平日は予約制で、一般には土日祝日に開館。今年1月からの入館者は1900人(コロナの感染拡大防止のため約4カ月間閉鎖)に達する。若い女性に人気を集めていた。【林一茂】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d700fda3c5cf25df098e7f5edffbf3140515d0fc

思想史的には

渡辺靖リバタリアニズム』から。
ドナルド・トランプの思想は米国社会思想史の中でどう位置づけられるのか。


その独特な姿勢はしばしば「ペイリオコン」(原保守主義者、paleocon : paleoconservatismの短縮形)に分類される。「黄金の五〇年代」と称される第二次世界大戦後の社会を、回帰するべき未来と捉えるのが特徴だ。アメリカの繁栄を謳歌し、公民権運動以前の、白人のミドルクラス(そしてキリスト教)中心の社会秩序を維持していた時代、ベトナム戦争に拘泥し、国家の威信を失う前の時代でもある*1
その黄金期の再来を阻む要因として、グローバル化(移民の流入自由貿易)や国際関与(同盟関係や多国間枠組み)が疑問視される。従来の共和党の立場比べると反移民、反多文化主義、経済ナショナリズム、不干渉主義の傾向が強い。
そして、それはトランプ氏の掲げる「アメリカ第一主義」とかなり符合する。大きな違いがあるとすれば、ペイリオコンが軍備増強に批判的――それゆえ「ネオコン」(安保保守)と対立する――なのに対し、トランプ氏は積極的という点であろうか。
ペイリオコンの思想的源流は二十世紀の南部農本主義カトリック伝統主義など多岐に及ぶが、政治的には霊前時代末期から顕在化してきた。共和党(一九九二年、九六年)や改革党(二〇〇〇年)から大統領選に出馬したパット・ブキャナン*2がその代表格だ。バノン*3やスティーヴン・ミラー(大統領上席顧問兼スピーチライター)*4もペイリオコンに位置づけられることが多い。
しかも、トランプ氏の場合、単にペイリオコンに近いということだけではなく、ロシアのウラジミール・プーチン大統領や中国の習近平国家主席、あるいは北朝鮮金正恩委員長のごとき権威主義体制の指導者を高く評価する傾向がある点で、従来のアメリカの政治家と大きく異なる。
加えて、自らを絶対視し、批判や異論を認めない姿勢や、つねに世間の関心の的であり続けようとする態度は歴代大統領のなかでも突出している。(後略)(pp.139-141)

菊芋

10月26日。



菊芋*1習志野市津田沼3丁目*2

*1:See eg. 「菊芋って何?」http://kikuimo.jp/?mode=f1 https://www.hana300.com/kikuim.html https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A2

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/23/115654 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/10/120111 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/11/093405 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/28/033029 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/01/100044 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/01/10110 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/02/134619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/09/152416 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/12/225542 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/16/085322 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/26/221331 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/29/102130 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/01/104454 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/07/124607 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/19/083125 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/28/071837 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/01/125709 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/08/091259 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/10/235643 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/23/085803 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/26/002927 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/05/014636 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/18/212551 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/04/09/083052 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/01/223050 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/15/090950 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/17/082524 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/04/022706 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/08/020918 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/09/074519 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/31/095520 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/03/071516 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/05/081945 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/19/094929 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/04/020907 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/13/082151 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/18/201123 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/16/173220 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/23/104501 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/24/015333

森林公園

10月24日。





森林公園*1習志野市藤崎7丁目。

秋桜

10月22日。






コスモス*1習志野市藤崎1丁目*2

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/29/140831 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/14/102329 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/09/133338 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/03/011122 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/12/104109 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/20/013842 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/07/092900 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/19/100548 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/24/095035

*2:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130413/1365875653 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/28/100855 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/24/023148 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/14/095940 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/06/024603 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/083534 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/23/140647 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/05/033241 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/17/142308 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/21/025302 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/31/153428 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/09/010405 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/28/022530 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/29/112822 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/01/100555 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/13/101203 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/20/004659 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/22/133654 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/05/093045 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/18/101634 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/27/032726 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/09/152416 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/11/013854 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/12/214637 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/14/150339 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/16/132611 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/23/090916 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/26/005419 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/28/111049 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/03/133614 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/03/143153 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/05/003020 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/07/141545 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/09/012246 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/30/084636 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/08/141207 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/10/233830 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/30/133258 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/03/080223 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/06/141659 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/08/020224 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/27/085310 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/02/151437 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/04/091536 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/06/191723 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/20/105339 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/01/155652 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/02/084238 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/03/092331 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/06/101444 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/12/082108 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/13/040455 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/16/091829 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/17/194123 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/18/091549 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/22/134358 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/04/14/032344 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/04/29/144953 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/01/083301 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/03/092932 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/04/141316 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/13/002515 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/19/103808 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/20/074138 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/20/082318 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/05/27/090001 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/01/072010 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/10/090401 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/11/082348 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/06/12/082848 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/02/013843 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/11/074840 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/12/073145 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/22/104221 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/24/082140 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/25/072543 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/26/014238 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/27/075143 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/07/31/091721 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/01/110403 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/04/080853 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/08/10/030030 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/07/094536 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/09/17/092956 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/22/091018 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/24/095035 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/10/26/100306