溥傑故居

3月6日。

千葉市稲毛1丁目*1





愛新覚羅溥傑*2故居(千葉市ゆかりの家・いなげ)*3。稲毛1丁目。

鷺沼台

2020年4月22日。


習志野市鷺沼台2丁目*1

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160901/1472698104 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20160905/1473001573 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/10/05/084846 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/12/31/023348 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/11/024638 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/15/094009 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/16/084538 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/28/012431 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/01/28/104902 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/03/135611 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/14/104928 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/20/020721 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/22/082607 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/25/083641 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/26/135922 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/02/085921 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/13/132015 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/15/094840 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/21/020825 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/02/222356 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/05/134823 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/07/104850 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/15/133650 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/16/221228 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/28/215915 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/04/133542 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/06/102459 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/13/103303 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/14/013129 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/18/162207 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/24/033752 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/29/150827 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/01/094136 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/01/215413 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/17/081417 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/19/003209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/06/30/085033 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/07/000233 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/08/095401 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/10/155522 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/14/075615 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/14/084322 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/16/085322 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/17/022629 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/20/090531 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/21/213652 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/30/125421 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/31/011105 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/31/020619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/03/104852 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/08/235537 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/10/084030 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/13/075814 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/16/012938 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/20/233306 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/06/234100 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/08/105952 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/16/015118 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/24/151609 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/25/091429 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/28/162128 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/30/131504 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/01/090748 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/04/095233 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/05/161016 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/12/025457 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/12/164435 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/14/102329 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/15/220516 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/20/214522 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/22/011652 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/30/125424 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/03/015510 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/07/101809 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/09/133338 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/10/020619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/19/123202 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/23/212949 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/25/071546 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/28/093152 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/02/021233 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/03/102025 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/15/085607 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/18/090446 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/01/112709 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/15/090557 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/18/153315 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/22/094723 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/22/125124 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/28/012439 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/30/134001 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/13/023113 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/15/090657 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/17/033804 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/18/112549 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/22/015551 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/01/090121 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/04/105145 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/03/05/094815

「歌人」としての

坂井修一「歌人としての足跡」『毎日新聞』2020年11月8日


森鷗外*1は「歌人」でもあった。


歌人としての彼の足跡は、日露戦争従軍時の作品集である『うた日記』(明治四〇年)、文芸誌『明星』に発表した「一刹那」「舞扇」「潮の音」の連作群(明治四〇~四一年)、『昴』に発表した「我百首」(明治四二年)、そして最晩年の「奈良五十首」(『明星』大正一一年一月)に辿ることができる。
特に、「我百首」は、短歌という伝統詩に西洋象徴詩の息を吹き込んだ点で注目される。すでに鷗外は、『於母影』(明治二二年)においてゲーテ、ハイネ、バイロンらの詩を美しい和語に訳し、島崎藤村薄田泣菫、木下杢太郎らに大きな影響を与えていた。
「我百首」は、この流れの延長で、自らの精神生活を五七五七七に綴った大作だが、令和の今読んでも新鮮な感性・知性が横溢していて、私などを刺激してやまない。

「我百首」の作品を創作していた頃、鷗外は千駄木の自宅で歌会を開催した(観潮楼歌会)。与謝野寛(鉄幹)・晶子夫妻、伊藤左千夫をはじめ、北原白秋石川啄木吉井勇斎藤茂吉らが一堂に会し作品を披露・採点する会であり、浪漫・写実の両派が影響を及ぼし合ったことで知られる。これとは別に、山県有朋の意を受けて開催された旧派和歌の常磐会の幹事を長く務めたりもしている。

「我百首」発表から九年後の大正七年から十年にかけて、森鴎外は、帝室博物館長として、正倉院開封のために奈良を訪れた。この三年にわたる訪問を、ひとつにまとめて記した連作が「奈良五十首」だ。鷗外最後の文学作品として知られる。

東京藝術大学

2020年1月29日。東京藝術大学

東京音楽学校奏楽堂*1






美術学部

Found and identified

“Body of woman missing in Japan 2011 tsunami finally identified” https://www.aljazeera.com/news/2021/3/5/body-of-woman-missing-in-japan-2011-tsunami-finally-identified


2月17日に宮城県北東部の海岸で女性の遺体が発見されたが、歯とDNAの鑑定の結果、2011年の東日本大震災津波に捲き込まれ、行方不明となっていた宮城県東松島市の女性であることが判明した。10年間海を彷徨して、命日直前になって故郷の近くに帰還したということ? 東日本大震災ではまだ2500名が行方不明となっている。

「コロナ」と「世界共和国」(大澤真幸)

木下訓明「「世界共和国」の契機に」『毎日新聞』2021年1月5日


大澤真幸*1へのインタヴュー。


――コロナが国家に及ぼした影響は何でしょうか。
◆はじめは中国の問題だと思っていたのに、瞬く間に地球全体の問題になった。自分の国で感染者が減っても、周りの国や地域で感染者がいれば解決にならないと分かった。
では、皆が理解できたからそうなるかというと、それとは逆のことがよく起こる。その極端な例が「○○ファースト」だ。「ファースト」では解決できないと頭の中では理解しているのに、実際の行動はそれと背反する。こういうことを人類は何度も繰り返してきた。歴史学者ニーアル・ファーガソンは今後のもっとも悲観的なシナリオは「第三次世界大戦だ」と述べている。
逆に僕は楽観的で、僕らが死んで何世代か経過した暁には「世界共和国」に向かうと考えている。そうなる確率が高いだろうという観測ではなく、21世紀を超えて人類が繁栄できているとすれば、それしか道がないからだ。コロナ禍が世界共和国への最初の一歩、少なくともそのきっかけだった、と思えるようにしなければならない。
「世界共和国」について;

今の世界は「国民国家」の集合体だ。Nation(国民、民族)が一つずつ国家を持ってそこに主権がある。国際連合も「United Nations」で、「United States」ではない。だから国連など国際的な協力機構はあるけれども、そこでの決定に従うかどうかは国ごとに判断する。強制はできない。極論すれば最後は脱退だってあり得る。それが人類が2000年を経て模索した一番の解決法なわけだ。
ところが今回のパンデミック(世界的大流行)はそれでは解決できない。
自国の利益のみを追求すれば、かえってその国の利益すら損なう可能性がある。それでも、人々は国益レベルで行動する。それは、僕らの精神形成や教育が国家のレベルで進められているからだ。こういうシステムだと倫理的に最も立派な人が、場合によっては最も野蛮な利己性に従って動くことになり得る。ある国で倫理的に完成した指導者が国のために命を賭そうと思う。別の国でも指導者が同じことを考える。「○○ファースト」で考えるわけだ。そうすると国同士で、血で血を洗う争いになる。
だから国民国家の連合が我々の政治の基本的枠組みだとすると、英雄的な道徳心を持っている人こそ最も野蛮だということになる。政治的な枠組みごと変えないと、人類は危機を越えられなくなっていく。一朝一夕にはいかないが、主権が国家にあるのではなく、地球レベルの共同体「世界共和国」に移行することを視野に入れておく必要がある。
バイデン後;

バイデン氏の当選で世界が協力モードになることは確かだが、大きなスパンで見ると米国中心の世界というのはもう戻ってこないと考えた方がよい。世界は一旦、トランプ政権を経験した。「米国はああいう大統領を選ぶ国なんだ」と知ったわけだ。これまでは大統領選挙が終われば米国は一つになっていた。しかし今回は一つにならない。それを知ってしまった時に、世界が米国中心に物事を考えるという習慣は消えた。
中国が米国に代わって中心になることもないと思う。中国は民主国家ではないからだ。民主国家でない国は中国に付いていくかもしれないが、少しでも民主的になった国は付いていかない。
米国というコアが抜けることは、長いスパンで見るとポジティブだ。今まで通りだと、米国中心でいくしかないが、米国中心の世界を絶対に受け入れない国がいくつか出てくる。もし本当に「世界共和国」が22世紀にあり得るとすれば、一旦、米国が中心でなくなる時を経過しなければならない。トランプ政権はひどかったけれども、そのおかげで世界は多元化する。それは「世界共和国」にとって必要なプロセスだった、となるのが一番良いシナリオだ。

津田沼

2019年10月28日。
習志野市津田沼1丁目*1



新京成

津田沼駅北口。

*1:See also https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20130408/1365437101 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/20150724/1437745163 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/07/19/143942 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2019/08/15/204221 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/082038 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/02/133228 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/12/020430 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/13/095451 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/02/15/083534 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/01/093003 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/08/000805 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/08/145537 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/09/141737 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/18/081633 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/23/023106 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/03/27/142245 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/02/095218 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/11/093405 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/15/010741 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/16/225156 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/19/104243 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/04/28/215915 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/04/133542 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/06/110825 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/07/131812 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/11/133929 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/05/16/152546 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/02/134619 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/09/152416 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/10/154353 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/11/072548 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/12/225542 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/14/142111 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/16/085322 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/17/212507 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/07/26/235105 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/03/133614 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/10/085955 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/21/002209 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/08/26/091000 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/02/221828 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/18/154913 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/09/28/162128 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/01/094838 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/02/103603 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/04/100600 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/09/134146 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/12/164435 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/16/102854 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/10/22/211911 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/08/011505 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/12/093301 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/11/19/083125 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/04/123636 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/18/100710 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2020/12/20/094111 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/13/164717 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/17/110910 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/24/142558 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/01/25/013313 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/06/092454 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/13/023113 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/19/121852 https://sumita-m.hatenadiary.com/entry/2021/02/27/082808