震源地は巴里

ニューカレドニアに軍派遣/仏が非常事態、死者4人」https://nessko.hatenadiary.jp/entry/2024/05/18/065958
Julien Mazzoni “New Caledonia riots: parts of territory ‘out of state control’, French representative says” https://www.theguardian.com/world/article/2024/may/17/new-caledonia-riots-protests-noumea-out-of-state-control
“Violent protests erupt in French Pacific territory” https://www.bbc.com/news/articles/c51nn46d222o
“More French police arrive in New Caledonia amid riots” https://www.bbc.com/news/articles/cyj348wwggzo


仏蘭西の海外領土(殖民地)であるヌーヴェル・カレドニ(ニュー・カレドニア)における大規模な暴動。死者が出て、戒厳令が宣告され、仏軍も投入されている。
最初、日本語の報道を見たとき、暴動が起こって死者も出ているとしか書かれていなかった。しかし、今回の暴動の直接の引き金となったのは、巴里の仏蘭西国民議会に ニュー・カレドニア選挙制度改正案が提出されたこと。それによると、10年以上生活している移民に選挙権が与えられる。その結果、先住民たるカナック人の政治的力は削がれてしまうことになる。このことの是非以前に、国の根幹に関わるようなことどもが、遠く離れた巴里で、自分たちには与り知らないような仕方で、提案され、議論され、決定され、自分たちに押し付けられる。殖民地であるというのはそういうことなのだった。
ヌーヴェル・カレドニ(ニュー・カレドニア)では先住民による独立闘争が一貫して続けられているけれど、最も激しかったのは、大林宣彦の『天国にいちばん近い島*1が撮影された1980年代だったようだ。