小田中or 東谷?

承前*1

東北大学「明善寮」問題についての『産経』の記事;


酒癖悪く…東北大の名門寮、全員に退去命令 学生「やり過ぎだ」

産経新聞 7月26日(土)7時55分配信


 飲酒トラブルをめぐり、名門寮が揺れている。寮内での過度な飲酒が目に余るとして、東北大学が今月、学生自治寮「明善(めいぜん)寮」=仙台市青葉区=の寮生全員に9月末までの退去を通知。これに対し、寮生らが「やり過ぎだ」と対立を深めているためだ。25日には大学側と寮生が話し合いの場を持ったが、溝は埋まらなかった。退去期限まで約2カ月。杜(もり)の都の「日本4大自治寮」にも数えられる寮の行く末は見えてこない。(木下慧人、伊藤弘一郎)

 「『バンカラ』が伝統とはいえ、もしもの事故があったら取り返しがつかない。今に始まったことではないが、看過できない状態にきている」

 寮の現状について、東北大総長特別補佐(学生支援担当)の東谷(ひがしたに)篤志教授(51)はこう嘆く。

 東谷教授によると、寮での飲酒が問題となったのは少なくとも約10年前から。

 寮生の大半は未成年だが、主に週末、2年生が1年生に飲酒をさせ、5階の共用スペースの窓から嘔吐(おうと)したり、深夜に花火を行ったりする寮生が続出。外壁は嘔吐物で汚れたまま放置され、急性アルコール中毒で病院に搬送された寮生もいたという。

 「経済的事情で入寮したにもかかわらず、こうした雰囲気になじめず退寮するなどした“被害者”は数え切れない」(東谷教授)。寮の周囲は緑が豊かな落ち着いた住宅街で、市内でも人気の地域だが、近隣住民からの苦情も相次いでいた。

 事態を重く見た大学側は昨年12月、寮生に対し、酒の強要と迷惑行為をやめるよう警告。だが、苦情は減らず、4月下旬に寮での飲酒を全面禁止して以降も寮内でビール缶が大量に見つかったため、105人の寮生全員に15日、9月末までの退去を通知した。

 一方、大学側からの通知に、寮生は困惑する。「9月末までに退去というのは急すぎる」と工学部の2年生(20)は話す。「寮の方針だった禁酒を守っていた学生も多い。ひっくるめて処分するのは乱暴だ」と訴えた。

 入寮したばかりの同学部の1年生(18)は「寮のことは寮生で決めさせてほしかった。退寮処分は寝耳に水」と憤る。「資金的な負担よりも寮では仲間意識が強い。学生がバラバラになるのが寂しい」と複雑な表情を浮かべた。

 寮の代表者の学生ら3人は25日、飲酒をしていない寮生の退去方針撤回や、退去者の民間アパートなどへの転居費負担などを大学側へ要望。話し合いの場が持たれたが、大学側は「受け入れられない」と拒否したという。

 大学は今後、別の寮を仲介するなどして期限内の転居を促す。東谷教授は「あしき慣習を断ち切るにはいったん、全員を退去させることが不可欠。決定が覆ることはない」としており、退去後、汚れた外壁やカーペットなどを一新させたうえで、来年度から3年生以上も入寮させることを検討している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-00000024-san-soci

前に引用した『河北新報』の記事と比べてみて先ず気づくのは、「東北大総長特別補佐(学生支援担当)」が「小田中直樹」ではなく「東谷篤志」だということだ。3Kの世界というのはあとは全部同じなのだが「小田中直樹」と「東谷篤志」が入れ替わってしまったパラレル・ワールド?
それから、資料として、


東北大学当局のステイトメン
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/studentinfo/studentlife/05/studentlife0502/
小田中直樹の弁明
http://d.hatena.ne.jp/odanakanaoki/20140726#p1