小山内美江子

NHKの報道;


脚本家小山内美江子さん死去「翔ぶが如く」「3年B組金八先生
2024年5月10日 19時47分


NHK大河ドラマ翔ぶが如く」や民放の人気ドラマ「3年B組金八先生」などの脚本を手がけた小山内美江子さん*1が亡くなりました。94歳でした。

小山内美江子さんは1930年に横浜市で生まれ、20代で映画業界に入ったのち、1962年のNHKのドラマで脚本家としてデビューし、テレビドラマの脚本を数多く手がけました。

なかでも、原作・脚本を手がけた民放のドラマ「3年B組金八先生」は、1979年の放送開始から30年以上にわたって続く人気シリーズとなりました。

中学校を舞台にしたドラマでは、いじめや中学生の妊娠、性同一性障害など、時代を反映したテーマを取り入れ、武田鉄矢さんが演じる「金八先生」が生徒へ語りかける熱くやさしいせりふとともに幅広い世代で支持されました。

またNHKでは、連続テレビ小説で漫画「サザエさん」の作者、長谷川町子さんの姉を主人公にした「マー姉ちゃん」、大河ドラマで「徳川家康」と「翔ぶが如く」で脚本を手がけました。

脚本家として活動する一方、60歳の時にヨルダンで湾岸戦争の難民救援活動を行ったことをきっかけに海外でのボランティア活動を本格的に始めました。

1993年には自身が代表を務めるNPO法人を立ち上げ、カンボジアなどの国々で学校を建設する活動を長年続け、国際協力活動を続けました。

NPO法人の発表によりますと、小山内さんは今月2日に老衰のため亡くなったということです。94歳でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240510/k10014445991000.html

息子である利重剛のステイトメント;

5月2日、母、小山内美江子が天命を全う致しました。
老衰による穏やかな逝去でした。94歳でした。
やりたいことをやり、言いたいことを言い、多くの人々に愛された、幸せな人生だったと思います。
生前のご厚情を深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。

葬儀は、故人の遺志により家族のみで執り行いました。
つきましては、御香典や御供花などお気遣いはご辞退させていただきます。
故人の遺志ですので何卒ご理解くださいませ。

納骨については、故人の希望により、京都・常寂光寺にある女の碑(志縁廟)*2に合祀させていただく予定です。
納骨が済み、落ち着きましたら、改めてご報告を差し上げようと思います。

利重 剛
(Cited in 「【訃報】脚本家・小山内美江子さん死去 息子の俳優・利重剛さんが報告 "言いたいことを言い、多くの人に愛された、幸せな人生"」https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1163453

小山内美江子さんといえば、『金八先生*3ということになっているけれど、そもそもは『キイハンター』とか(小川真由美主演の)『アイフル大作戦』とか、アクション系の人だった。多分、サラ金の社名はこのドラマからパクられたもの(多分)。
なお、映画監督志望だった小山内さんは当時映画会社が女性が助監督になる途を閉ざしていたので、仕方なくスクリプターとして映画界に入った。