言語社会学的?

承前*1


中村格警察庁長官就任祝賀記事;


吉田伸八、田内康介「山口敬之氏の逮捕見送り「組織として捜査尽くした」 中村警察庁長官https://www.asahi.com/articles/ASP9Q5S3FP9QUTIL032.html
田内康介、吉田伸八「伊藤詩織さんが訴えた事件、なぜ逮捕見送り 警察庁長官との一問一答」https://www.asahi.com/articles/ASP9Q6S7BP9QUTIL033.html


「記者会見」ということで、朝日以外の新聞にも大同小異な記事が掲載されているのだろう。あまりの無内容ぶりに、本文を引用する気がうせてしまった。まあ、日本の官僚の典型的な発話のサンプルという言語社会学的な資料としての価値はあるのかも知れない。ただ、吉田と田内の両名による加工によって、その資料としてのクォリティは大幅に減じてしまってはいるのだけど。まあ、官僚の発話と新聞記者によるその加工(記事化)という実践のサンプルということか。