「合わせておよそ4000件」

NHKの報道;


ブログの呼びかけで大量の懲戒請求 弁護士が提訴へ
5月16日 19時27分


東京の弁護士が、特定のブログの呼びかけで身に覚えのない懲戒請求を大量に受け、業務を妨害されたとして、賠償を求める訴えを起こす方針を明らかにしました。

訴えを起こすのは、東京弁護士会に所属する佐々木亮弁護士と北周士弁護士です。

佐々木弁護士によりますと、去年6月ごろから弁護士会に身に覚えのない理由で懲戒請求が寄せられるようになったということです。佐々木弁護士がツイッターで異議を唱えると、特定のブログで懲戒処分を呼びかけられ、より多くの請求が来たということです。

さらに佐々木弁護士を擁護した北弁護士も大量の懲戒請求を受け、合わせておよそ4000件に上ったということです。2人は、懲戒請求への反論などのため日常の業務を妨害されたとして、請求者に謝罪と賠償を求め、これまでに数十人が和解に応じたということです。

今後は応じない相手に対して裁判を起こす方針で、ブログの管理者については告訴も検討しているということです。

日弁連=日本弁護士連合会によりますと、弁護士への懲戒請求は、去年急激に増え、今回のようなインターネットによる呼びかけが影響しているということです。

佐々木弁護士は「弁護士はすぐに対抗できるが、一般の人はネット上であおられて攻撃されてもすぐに対抗できない。当事者になって恐怖を感じた」と話しています。


なぜ懲戒請求をされたのか
佐々木亮弁護士によりますと、初めて懲戒請求をされたときの書類には、懲戒処分を求める理由の欄に朝鮮学校への補助金の支給を批判する内容が書かれていたということです。

しかし佐々木弁護士は、朝鮮学校をめぐる案件に関わったことはなく、「そもそもなぜ自分が懲戒請求の対象とされたのか不思議だし、怖い気持ちになった」と話しています。

こうした懲戒請求は、東京弁護士会だけでなく各地の弁護士会でも相次ぎました。その背景にあると見られるのが、朝鮮学校などへの補助金をめぐり文部科学省が関係する自治体に対して出した通知をめぐる問題です。

文部科学省は、平成28年に公益性や教育振興上の効果を十分に検討するよう通知しています。懲戒請求を受けたのは、こうした通知などを批判する声明を出した弁護士会の会員でした。

日弁連・日本弁護士連合会によりますと、弁護士会の意見表明に対して懲戒請求をされるケースは、去年突然増えたということです。対象になったのは、全国21の弁護士会で、件数は、およそ13万件に上りました。件数が多くなったのは、インターネットを通じた呼びかけが影響しているものと見られます。

佐々木弁護士が懲戒請求をした人たちと和解の手続きを通じてやり取りしたところ、40代から60代の人たちが多いと感じたということです。

また請求のきっかけとなったブログに書かれていたことをどう受け止めていたのか尋ねると、「ブログには、今まで聞いたことがない本当の事が書いてあると思っていた」と話していたということです。

また同じように大量の懲戒請求を受けた北周士弁護士は、「請求者に『なぜこんなことをしたのか』と尋ねると、『これで日本がよくなると思った』と答える人が複数いたが、懲戒請求がどのようなものなのかということすら認識していなかった。人の仕事や資格を奪おうとするのであれば、本当に理由があるのか、考えてからやってほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440901000.html

佐々木亮」という名前は聞いたことがある。所謂「ブラック企業」を批判して「ブラック企業」関係の裁判では労働者側の代理人をしている人じゃなかったかと思ったけど、そうだった。もしかして、「ブラック企業」側の報復かと思ったけれど、それは外れ;


hiraoyogi*1佐々木亮弁護士などが1000件以上の懲戒請求されたり、気味が悪い手紙を送られたりしてる模様」https://matome.naver.jp/odai/2150518945865853101
misukiru「ネトウヨが弁護士に集団で懲戒請求の迷惑行為!弁護士が反撃して話題 #不当懲戒請求https://matome.naver.jp/odai/2152613660927467901


さてさて、NHK言うところの「特定のブログ」とは、


『余命三年時事日記』http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/



「余命三年」といいながら、何時まで生きていやがんだ、とは言いたくなる。
懲戒請求」って、その昔、橋下徹がTVで煽っていた奴ね*2。ただし、「余命三年」の煽りは弁護士の「懲戒請求」だけではない。2015年7月に、在日韓国人が居留資格を失い韓国に強制送還されるというデマが飛び交ったことがあった*3、その際に「在日」を出入国管理局に「通報」するよう煽っていた。また、やはり「余命三年」に煽られて、全国の検察に大量の「告発状」が送り付けられたこともあったのだという;


Bulldog_noh8「入国管理局に検察庁・・・まだまだあった、懲戒請求濫用グループによる組織的業務妨害https://matome.naver.jp/odai/2152621333555091401


民事だけじゃなく、刑事告発もしてほしいよ。「威力業務妨害」で。