Loren/Grant(Memo)

Vanessa Thorpe “Sophia Loren: how Cary Grant begged me to become his lover” http://www.theguardian.com/film/2014/oct/19/sophia-loren-reveals-the-story-of-cary-grants-passion


先月80歳の誕生日を迎えたソフィア・ローレンの自伝が近々出るが、そのハイライトのひとつは、ゲイリー・グラントとの恋愛を語った部分であるらしい。ふたりの馴れ初めは1957年に共演した映画『誇りと情熱』の撮影。グラントは(当時23歳だった)ソフィア・ローレンよりも30以上年上で当然ながら既婚者(3度目の結婚)。彼女の方もプロデューサーのカルロ・ポンティと同棲中だった*1。つまり二重の不倫関係。ソフィア・ローレンは「父親的存在」を求めていたという。ソフィア・ローレンと絡む男優というと、マルチェロ・マストロヤンニというイメージが強いのだが(例えば『ああ結婚』、『昨日・今日・明日』、『ひまわり』など)*2、マストロヤンニとの間にはプライヴェートな男女関係はなかった。

あゝ結婚 HDニューマスター版 [DVD]

あゝ結婚 HDニューマスター版 [DVD]

昨日・今日・明日 HDニューマスター版 [DVD]

昨日・今日・明日 HDニューマスター版 [DVD]

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]

また、チャップリン*3の『伯爵夫人』で共演したマーロン・ブランドとについて;

The contents of the box include unseen pictures, letters and notes from Frank Sinatra – a long-time friend of Loren who also starred in The Pride and The Passion – Audrey Hepburn, Richard Burton and Marcello Mastroianni. Among the candid anecdotes is an account of her firm response to advances from Marlon Brando when they were filming the 1967 film A Countess from Hong Kong.

“All of a sudden he put his hands on me. I turned in all tranquillity and blew his face, like a cat stroked the wrong way and said, ‘Don’t you ever dare to do that again. Never again!’,” Loren recalls.

“As I pulverised him with my eyes he seemed small, defenceless, almost a victim of his own notoriety. He never did it again, but it was very difficult working with him after that.”

伯爵夫人 [DVD]

伯爵夫人 [DVD]