「地盤・看板がまだ生きているのだな」

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090831/1251687079へのコメントに曰く、「小泉の二男とか、ノブテルとか勝ちぬけているのを見ると地盤・看板がまだ生きているのだな、と実感いたします」。それに関連して(?)


今回の選挙、私は「挫折の選挙」と総括してます。結局森元総理やらを落とせなかったし。(ここが今回の選挙を語る上で非常に象徴的だと私は思う)いわゆる「注目区」「接戦区」において民主はほとんど負けてるわけで、つまり今一歩のところで「戦後」を終わらせられなかった。組織票には勝ったけど利権(世襲もある意味これに該当するな)には負けた。仁義なき戦い金子信雄のように、やはりしぶとい。
http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20090831/1251720335
話は全くずれるが、「広島の金子親分」*1の心境や如何に?