福田繁雄

『毎日』の記事;


訃報:グラフィックデザイナー、福田繁雄さん死去 76歳

 日本を代表するグラフィックデザイナーで「視覚の魔術師」と呼ばれた福田繁雄(ふくだ・しげお)さんが11日午後10時半、くも膜下出血のため死去した。76歳。葬儀は近親者で済ませた。

 東京生まれ。1956年、東京芸大図案科を卒業し、味の素勤務を経て58年に独立した。田中一光さんらと共に開いたグラフィックデザイン展「ペルソナ」で毎日産業デザイン賞を受賞した。

 70年の大阪万博では、公式ポスターや迷子標識などの絵文字(ピクトグラム)を制作。瞬時に情報を伝えるシンプルな造形にユーモアや風刺をにじませた作品は、国内外で脚光を浴びた。

 72年、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレで金賞。75年、ポーランドが開いた戦勝30周年記念国際ポスターコンクールで、砲弾の向きを逆さに描いた「VICTORY」が最高賞に輝いた。

 視覚のトリックを生かしただまし絵的な作風でも知られ、85年のつくば科学博「UCC館」などの展示を担当。彫刻や環境デザインにも活動の幅を広げた。

 85年度の毎日芸術賞を受賞。87年、ニューヨーク・アート・ディレクターズ・クラブの「名声の殿堂賞」を日本人として初めて受賞した。00年から日本グラフィックデザイナー協会会長を務めていた。

 多くの海外の大学の客員教授なども務め、台湾の東方技術学院には07年、「福田繁雄設計芸術館」がオープンした。長女の美蘭さんは画家として活躍している。

 ◇アイデアマンだった
 東京芸大の同級生でグラフィックデザイナーの仲條正義さんの話 最近も海外を飛び回っていた。1週間ほど前に会い、「年なんだから、いいかげんにした方がいいよ」と言ったばかり。ショックです。昔からアイデアマンで、言葉が通じなくても理解できるのがデザインだと主張し、その通りに実践した。日本のグラフィックデザインのレベルの高さを海外に伝えた功績も大きい。
http://mainichi.jp/select/person/news/20090115k0000e040072000c.html

このニュースを知って、『笛吹童子』や『紅孔雀』の作曲家である福田蘭童の名前を思い出してしまったのだが、福田蘭童は福田繁雄さんとは血縁関係や親戚関係はなし。福田蘭童は画家・青木繁の息子で、クレージー・キャッツのピアニスト/料理研究家石橋エータローの父親。
See
http://yoshikawa.cocolog-nifty.com/soushido/2007/05/post_2121.html
http://totemokimagure.cocolog-nifty.com/zakkan/2005/11/post_e3d4.html