Filipino maids

ZHANG Liuhao “Filipino maids sought for English” Shanghai Daily 7 November 2006


広州では子どもの英語力を強化するためにフィリピン人メイドを雇う親が増えているという。フィリピン人にしても、同じ給料ならば香港よりも物価の安い中国大陸の方が金が貯まる。それ故、特に大卒のメイドが求められているという。但し、低学歴の人でも英語力に問題はない。広州で中国人のメイドを雇うと、平均で月800元かかるが、フィリピン人の場合だと2000元以上。既に100人以上のフィリピン人がメイドとして働いているというが、その多くは不法就労である。
日本では、子どもの英語力のために外国人のメイドを雇えばいいという話は殆ど聞かない。というよりも、日本ではメイドといえば、メイド喫茶であり、家事をさせるために雇うという発想がそもそもないか。